ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

DAW時代にあえてMTRを使うメリットとは?

f:id:natsumegu629:20180130092528j:plain

 昨今曲作りといえばPCを使ってDAWで製作するのが当たり前の時代ですが
そこをあえてMTR(マルチトラックレコーダー)を使ってデモを作ることの良さについて書こうと思います。
 

そもそもMTRって?

MTRはマルチトラックレコーダーのことで、簡単にいうと多重録音できる録音機器です。DAWと違うのはPCのソフトではなくて独立したハードであること。
インプット/アウトプットがあってマイクや楽器を直接繋いで複数あるそれぞれのトラックに録音できます。
昔僕が中学生の頃使っていたのはカセットMTRと言ってメタルテープをメディアとした多重録音機器でした。4トラックしかなかったのでリズムとギターと歌を入れたらいっぱい。ピンポンダビングという技もありましたがどんどん音を重ねるうちに劣化してモコモコっとしたミックスが印象的でした。
今はそんなことなくて、ハードディスクやフラッシュメモリをメディアにしたものが主流です。
 

MTRのメリットは主に2つ

・起動が早い スイッチ入れてすぐ録音
・動作が安定 固まることやもたつくことがほとんどなくストレスが少ない。
 
ゆえにアイデアが浮かんだらすぐにそれなりの音で記憶できる。
iPhonでもアイデアは記憶できるけど多重録音はまだ難ありで、それに対しMTRはコーラスパターンや楽器のリフなど数トラックの音が浮かんだ時にそのまとまったアイデアをスピーディーに形にできます。
それこそがDAW時代においてのMTRの最大のメリットではないでしょうか。
 
今は安価で性能の良いMTRがたくさん出ています。
ちなみに僕が使っているのはZOOMのR8という8トラックまで多重録音できる機種です。マイクも内蔵されているのでデモだったら別途マイクを繋げなくても十分だと思っているし、PCへのデータ移送もUSBケーブルで簡単にできます。
 
スポンサーリンク

 

 

とにかく曲の空気感を詰め込む

 
 僕の場合、やはり完パケProtoolsで行いますが、初期衝動の発想記録やざっくりとした構成でのデモは断然MTRの方がやりやすいです。特にコーラスのアイデアですかね。
サビのコーラス3声のリフから曲を作り始める時も結構ありますから。
そして乗り始めると細かいことを気にせずにどんどん音を重ねていきます。ガンガン!パンチインも利用して。
このスピード感がいいのです。
波形編集まではできないし、基本的にコピペもできないので2コーラス目も全て弾いたり歌ったりしなければなりません。その代わり、2コーラス目のAメロは少し弾き方を変えてみよう、とかコードをちょっとだけ変えてみよう、という発想が出やすいのでデモ段階から曲の強度が高まる気がします。
 
楽器が弾けない人にはこのような使い方はちょっと難しいかもしれないですが
あくまでもプリプロプリプロなのでうまく弾く必要はないわけです。脳内に浮かんだ曲の空気感を一気にMTRに叩き込むつもりで取り組めばいいのです。
僕もテンポがよれていたり、仮歌やコーラスのピッチがずれていたりするのは全く気にしないでどんどん先に進んで録音してしまいます。とにかく雰囲気重視で。
細かいことは後でProtoolsで行えばいいわけで、瞬間に浮かんだ手放したくないアイデアを3、4パート込み込みで記憶させるのにはこれ以上ないくらい便利なわけです。
コーラスとかギターのリフが一気に浮かぶことが僕の場合結構あるので悪れないうちにガツンと録音できるのは何より嬉しい!
 
そんなわけでDAW時代にあえてのMTR活用、オススメですよ!
 

 

 
 

ProtoolsユーザーでもVSTを諦めない! サウンドの幅が広がる方法

f:id:natsumegu629:20180125163020j:plain

 Protoolsユーザの方で、「おっ。この無料プラグイン良さげ!ダウンロードしようかな」って思ったらVSTのみの対応でがっかりしたことあるんじゃないでしょうか。前回のブログでご紹介したRolandCloudもAAXには対応していないためそのままでは使えませんでした。
前回記事以下。
 
 ProtoolsはAAXというプラグインの規格を採用しているため、VSTAUのみ対応のプラグインってそのままだと使えないですよね。だからって使いたいなぁと思ったプラグインを諦めるのはなんとも残念。
 protoolsVSTプラグインを使う方法は何通りかあると思うんですが、僕が便利だなと思った方法は「Blue Cat's PatchWork」というソフトを使う方法です。
 
 
<スポンサーリンク>

 

 

Blue Cat's PatchWorkってどんなソフト?

もともとこのプラグインは並列で8個のバーチャルインストゥルメントをソフト内でミックスしたり直列に違うプラグインをつなげたりできるものなのですが、僕の使い方はいたって簡単で、ProtoolsVSTを使いためという1点に今の所絞っています。
紹介ビデオをご覧ください。大体のイメージがつかめますから。
 
 
一つPatcWorkを立ち上げることによってそのソフト内で最大8つのVSTインスツルメントを立ち上げることができます。
また、元々の使い方で言えば、様々なプラグイン同士を組み合わせることによって全く新しいサウンドを作り出すこともできるわけです。
価格は税込み12500円です。まぁ比較的ゲットしやすい価格ではないでしょうか。
 他にもVienna Ensemblepro6の最新版を使えばProtoolsでもVST等を使うことができます。こちらはちょい高めの38448円。
 
おわりに
Protoolsユーザーの皆さん、遠慮なくじゃんじゃんこれでVSTインスツルメントを使っちゃいましょう!サウンドの幅がグーンと広がりますよ。
 

 

 
 

Rolandのシンセ使い放題サービスに加入してみて思ったこと♪

f:id:natsumegu629:20180114111259p:plain

 突然ですがRoland cloudというRolandのソフトシンセを使い放題のサブスクリプション(登録制)サービスをご存知だろうか?
 
今年に入ってボリュームのあるゲーム音楽の仕事が入り、ある程度のレトロ感が要求されたので、手持ちの音源だけでは心もとなくRoland Cloudに申し込んだわけです。
 
 
 
紹介動画もあります

その概要は?

 JUPITER やJUNO など歴代のRolandの名機から、最近のSYSTEM8まで幅広くソフトあシンセが揃っています。1985年から1990年まで時代ごとに区分けされたシンセのAntholigyというシリーズはなかなか魅力的です。今の所、シンセほか音源が23種類使い放題。今までEastWestなどのオーケストレーション系、生音系のサブスクリプションは使っていたけどシンセに特化したサービスは今回初めてで新鮮です。
 
アメリカのRolandが運営しているらしく全て英語のサイトから手続きを行わなくてはいけません。しかし特に難しいところはないので英語が達者じゃなくても問題なくクリアできるレベルなのでご安心を。
 
<スポンサーリンク>

 

 

コスト面は?

 
料金ですが一月$17.95 (現在為替でで1992円)、年間契約で$215.40(現在為替で23915円)
最初の一月は無料なので、色々試して加入して続けるか判断するには充分な時間があります。
 
高いと見るか安いと見るかは人それぞれだと思いますが僕的にはまぁまぁお得な印象です。今後のアップデートにも期待したいところ。
 

使用感は?

 
 ゲーム音楽とかだと、あえてチープ感やレトロ感が要求されることもあるのでこういうサービスは重宝します。JVやSC-88(懐かしいですね!)などは使い方によってとっても良い仕事をしてくれます。もちろんSYSTEM8などの最近のシンセは伝統を引き継ぎつつ最新のサウンドが楽しめますし使い方は幅広いです。
最近はやりのAOR系サウンドやシティーポップ系サウンドに隠し味的に使うのもとっても面白いと思います。
 ただ僕は普段Protoolsを使っているためAAXに対応していないRolandCloudのソフトシンセはそのままでは使うことができません。そこで「Blue cat's PATCHWORK」というソフトを立ち上げてその中でVSTを使ってます。
このソフトはまたとっても便利なのですが次の機会にでも紹介したいと思います。
 
 
 おわりに
時代感が出ていてそのまま使うのは怖い音色もたくさんありますが、いろんなところでエッセンスとしてRolandCloudのシンセ群を取り入れるのは他人と差をつける上でとってもアリだなと感じました。リアルさ・現代感とチープさ(程よい古さ)の中間を取れるというか・・。
re_FXや最近のEDM系の音源みたいに現代的な音がプリセットのまますぐ使えるかというと、あまりそっち系でないので使い方にセンスが問われるところはあるがそのぶん音に差をつけやすいというか個性を出すやすいサービスであるとは思います。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年も終わりですね

f:id:natsumegu629:20171231185107j:plain

 早いなぁ。年々、恒例「笑ってはいけない・・・」のこの日までが短く感じるようになってきます。

今年の3月にこのDTM・作曲に特化したブログを始めました。

おかげさまにたくさんの方に読んでいただけるようになり嬉しい限りですが、秋口から更新が少なくなってしまったことは少し反省してます・・・。

 

個人的には、今年はキー局ラジオ番組のテーマ、男性アイドルのコンサートBGM、映画音楽などなど面白い仕事にも出会え充実した一年でした。

来年もできるだけ役に立つ情報を書けるように頑張りますので皆様よろしくお願い致します!

 

ではでは良いお年を♪

 

【アレンジテクニック】シンセのバッキングでひと工夫加えて差をつける

f:id:natsumegu629:20171226165918j:plain

どうも最近アレンジをやっていて、マンネリ化してしまってアイデアの面白みに欠けてしまうなっていう時ありますよね。
そんな時のために一つTipsを書きたいと思います。
 
ポイントはGatekeeperといういわゆるゲート系のエフェクトを駆使するところです。
 
 

Gatekeeperを使ったバッキング作り

 今回はこのGatekeeperというプラグインを使ったテクニックをあげます。
このエフェクトは持続音を、いろんな形のカーブや直線をプラグイン内で描くことによりボリュームを変化させフレーズを作るという代物です。ただパッドやシンセをコードで弾くよりもバッキングに色気が出せます。
 
例えば白玉のパッドに複雑な音量変化をつけることにより、よりギミック的な音色フレーズを作り出せます。
 
メーカーにわかりやすい紹介動画があるのでまずはご覧ください。
 
 
 
プリセットがいくつか紹介されている動画を見れば、さらになんとなくイメージがつかめると思います。
 
 
 

他のゲート系プラグインと組み合わせる

 同じような、持続音に時間的変化を与えるエフェクトには他にAIRのFiltergateというプラグインがあります。こちらはボニューム変化ではなくフィルターの変化をパターン化できるプラグインなのでまた違った面白みがあります。Gatekeeperと組み合わせてもかなりエッジの効いた効果が得られそうですね。
 
スポンサーリンク

 

 
ということで、簡単なサンプルを作って見ました。
 
 

最初の4小節 ノーマルの何もかかっていないシンセパッド

5−8小節  パッドにGatekeeperをかけたバージョン
(こんなプリセットパターンをかけてます)

f:id:natsumegu629:20171226164838p:plain

 

9−12小節 さらにFiltergateでカットオフの変化をつけリズムループにもGatekeeperをかけたバージョン

ちなみにドラムにかけたプリセットはコチラ。(違いは微妙ですが一癖つけられます)

f:id:natsumegu629:20171226164709p:plain

 
 
 
 
おわりに 
イデア次第ではかなりトリッキーなフレーズも作り出せるので、トラック作りの中で、何か一癖欲しい時にはかなり便利なテクニックなのではないでしょうか。
 
 

 

 
 
 
 

どうも作曲のやる気が起きない時にとっておきの本

f:id:natsumegu629:20171205085457j:plain

 いくら頑張ろうとしてもどうもやる気が起きない、作曲に向かえない時ってありますよね。
もうこれは作曲に限らず、小学生の時の宿題、部活の自主練、掃除や整理整頓、何でも当てはまってしまいますが。
1日くらいはサボってもいいかってなりますが、このムードが2、3日、1週間となると絶望感はマックスとなります。
作業に取り組んでも、ダラダラしてなかなか1日の時間をうまく使えなかったり、もっとうまい時間の使い方、充実させる方法があるはず!と思っているフリーランスの方も僕だけではないはず。
そんな時、どうやって乗り越えたらいいか、指針となる本を見つけてしまいました。
 
池田貴将さんという方の「図解 モチベーション大百科」という本です。
 
とっても読みやすくて、普段あまり本を読まない人でもスラスラ苦労なく読めます。一項目の文字数が比較的少ないからです。
人間の脳の習性、思考パターンを様々な研究機関の実験データをもとに説明されています。
 
スポンサーリンク

 

 
 
ポイントは様々な研究機関の実験データをもとにしているという点です。根拠がなければ、僕が嫌うそこらの薄っぺらい怪しい自己啓発書と同じになってしまいますからね(笑)。こういう本は著者のバックボーンを知ることも大事です。彼はアンソニーロビンスという世界No.1コーチに直接トレーニングを受けたそうです。だからどうしたという話もありますが、僕は信頼することにしました。
 

f:id:natsumegu629:20171205085647j:plain

 
さて、本の中身ですが、
 
例えば一つ挙げると
目標設定というチャプターの中で次のような記述があります。
 
”「行動思考」
まず手続きをする。
 
つまり
理由を考えていると
行動力が鈍り
「何をすべきか?」に意識を向けると
具体的な行動をしやすくなる。”
 
このような例が、実際の心理学者の事件データをもとに書かれています。
 
他にも「自己管理」というチャプターの中で
 
”「遅れの影響」
忙しくさせない。予定と予定の間に、空白を持たせよう。”
 
とか
 
”「感情変換」興奮状態を生かす。”
 
などなど魅力的なTipsがたくさん載っています。
 
7つのチャプターに分けて、様々な対処法が載っていて読むだけで、うまくいきそうな!?予感がビシバシします。
 
ぜひ、普段モチベーション低下に悩んでいる方にはオススメしたい本です。有意義に時間を使えた1日ほど爽やかに感じることはないですからね。
 

 

 
 
 
 
 
 
 

【DTMテクニック】ピアノが弾けなくてもかっこいいピアノバラードが作りたい人へ

f:id:natsumegu629:20171121213629j:plain

 
 ピアノは弾けないけど、ピアノだけの綺麗なバラードBGMを作りたい!って思っている方は結構いると思うのです。
そこで実際ピアノは弾けなくても十分、雰囲気のあるピアノ曲を打ち込む方法を書きます。
 
こんな感じの曲を作るとします。
 

メロディと伴奏は同じMIDIチャンネルで別々のトラックで打ち込む

 
右手(メロディ)と左手(伴奏)、バラバラに打ち込みます(別トラックにしてもいいです)。
MIDIトラックチャンネルは合わせてください。
 

f:id:natsumegu629:20171121213922p:plain

上段がメロディ 下段が伴奏のアルペジオ(サスティンペダルを使用)

 

左手はアルペジオでもコード8分刻みでも構いません。

実際の曲のテンポよりかなり遅くして自分でも引ける程度までテンポを下げて打ち込んでも良いのでリアルとイム入力をオススメします。

 

曲の雰囲気を高めるテクニック

 

アウフタクト(メロディが1拍目以外から始まること)にする

こうするとかなり雰囲気が出ます。
曲の入りにインパクトがつきます。
 

メロディが細かい時は左手の伴奏はそんなに動かさない

逆にメロディが大きい時(白玉など)は伴奏を細かくしても構いません。
右手と左手の動きはそれぞれかぶらない方がベターです。
メロディと伴奏がお互い引き立つようなアレンジを心がけます。
 

サビや強調したいところは6度のハモリにする

同じメロディのセクションが2回繰り返される時はふた回り目は6度でハモると効果的です。また、オクターブ重ねも同じように効果的です。サビのパートも同じように重ねるといいでしょう。
 

クオンタイズはできるだけかけない

できるだけクオンタイズはかけずに打ち込みます。どうしてもうまくいかない場合、クオンタイズの正確度を少し緩くしてかけます。(大体のDAWでクオンタイズのかかり具合が調整できるはずです)
ベロシティは不自然なところを修正していきます。
 
 
スポンサーリンク

 

 
 
 

テンポのオートメーション

セクションの変わり目などで少しテンポを遅く書き込んで雰囲気を出します。
ここは大事なところなので少しめんどくさいですが手を抜かずにやりましょう。
歌もののJPOPバラードなどはいちいちテンポを変える必要はありません。
 

f:id:natsumegu629:20171121214116p:plain

曲のセクションのつなぎ目は細かくテンポを変えてセクションが変わったらテンポを戻す
 
おわりに
ちょっとしたコツさえ押さえておけば、ちょっと古いけどリチャードクレーダーマン風とか、S.E.N.S.風なBGMが実際にピアノが弾けなくても作れるようになるはずです。
慣れなので何度か曲を作って精度を上げていきましょう。