ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

いつでも勝負できる作曲テンプレートを作ろう!(DTM・オーケストラ編)

 曲を量産することは、作曲上達の近道であることは間違いないです。
職業音楽家になったとしたら、それはもう大変な量の曲を作ります。(ボツ曲含め)
 
そこで、できるだけ曲そのもののアイデアに集中できるよう、雑用的部分は可能な限り
オートーメーション化したりテンプレート化したいものです。
 以前にもお伝えしたことはあるのですがもう一度、僕のテンプレート術をご紹介します。
 

ジャンル別に分ける

 
僕は主に次の3つにジャンル分けし、さらにそこからいつくかのパターンに分けています。
 
・オーケストラ系  ・バンド/ポップス系  ・EDM系
 
今日はオーケストラ系をご紹介。
 
 

オーケストラ系(ストリングスの種類によりテンプも分けている)

 
立ち上げるトラックリストは
 
Piano(ラフ作曲用)
 

木管

Piccolo
Flute
Oboe
Clarinet
Bassoon
 

金管

Horn1,2
Horn3,4
Trumpet
Trombone
Tuba
 

<パーカッション 他>

Timpani roll
BassDrum
Cymbal
Snare
Harp
 

<ストリングス>

Violin1 Long
Violin1  staccato
Violin1  pizzicato
Violin2  Long
Violin2  staccato
Violin12 pizzicato
Viola    Long
Viola    staccato
Viola    pizzicato
Cello   Long
Cello    staccato
Cello    pizzicato
Contrabass  Long
Contrabass  staccato
Contrabass  pizzicato
 
 

f:id:natsumegu629:20170414103724p:plain

 

トラック解説

 
ストリングス以外は EASTWESTのSymphonic Orchestra Platinum を、
ストリングスは EASTWEST Hollywood Strings を使ってます。
 
ストリングスは各パートそれぞれ奏法別にトラックを3つに分けてます。
他のパートはキースイッチのパッチを使って奏法を切り替えています。
また、楽器の種類別にトラックを色分けして全体の構成を把握しやすくしています。
楽器の種類分け方法として例えば<木管>と<金管>の間に空トラックを挟んで名前をつけると、視覚的に見やすくなります。
 
バスドラムだけは、SAMPLE MAGICの MORPHESTRA GENERATIONS を使っています。これはKONTAKTライブラリですが、ハリウッド系緊迫シーンにはもってこいのループも入っていて使いやすいです。同じくNativeInstrumentの DAMAGE もパーカッションループとしていいですね。
ティンパニは普通のティンパニと、ティンパニロールの音色を分けてます。
シンバルは、奏法が全て含まれているパッチを選んでいます。
 
 
 

作る曲の雰囲気によってストリングス使い分け

 
ストリングスを Audiobro LASS 2.5 に差し替えたテンプレートも別に作っていて、
こちらはキースイッチで奏法を切り替えているので各ストリングスパートは1トラックにしてあります。
 
ハリウッド系のゴリゴリな曲や人数感があったほうがいい曲はHollywoodstringsを使い、室内楽やポップスよりなものはLASSを今のところ使っています。LASSは使いやすく自分でカスタマイズするまで結構手間取るのであまり初心者には向きません。
 
バーブは2C AudioのB2(かなり良い!)というのを使っていてAUXに立ち上げています。
それぞれのパンの設定もテンプレートに組み込みます。
 
 
おわりに
 
 とっても便利で作曲の武器になるテンプレートですが、あまり細かく設定してしまうと、曲が偏ってしまったり新鮮味にかけてしまうので、やりすぎはいけません。
  あと、テンプレートは日々改良を重ね、育てるものなので1年変更を加えていないテンプレートなんて多分使い物になりません。頑張って最高のテンプレートを育てましょう♪
 次回は違うジャンルのテンプレートもご紹介します、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シンセはプリセット派か、一から作る派か?(DTM初心者向け)

  今回は比較的DTM初心者に向けての話題です。
  いきなり本題ですが、僕は断然プリセット派です。一から作ることはほとんどありません。得意とする音楽ジャンルにもよるんだろうけど(テクノ、EDM、エレクトロニカ中心でやってる人は、一から作る派も多い)。
 とは言いつつ全てのパートを一から作ってる人はいないと思います。一から作るパートがあれば、プリセットを使うパートもある、というやり方が一から作る派でも多いのではないでしょうあ。
 
それぞれのプラス面、マイナス面を挙げるとすると、
 

プリセット派

 
 プリセットのプラス面は、言うまでもなく選んだらすぐ使えるところです。エフェクト込みで作り込んであるシンセがほとんどなので、そのまま曲中で使っても馴染みます。いつも使う音色が決まっていれば、曲作りそのものに集中できます。
 
 マイナス面は、イメージが合う音にたどり着くまで相当時間がかかってしまうこともあるということ。
 どうしてもプリセットに頼ると新しいソフトシンセに目移りし、購入するプラグインが増えることも(笑)。
 

一から作る派

 
 一から作ることでのプラス面は、他人とかぶらない音が出せるのと、慣れればものによってはプリセットを探すより早く音が作れるものもあるということ(ちょっとプリセットのプラス面と矛盾するけど)。大体のソフトシンセに知識の応用がきくので多くのシンセを買う必要がない。
 
  マイナス面は、それなりにシンセの知識が必要になります(FM音源は特に)。
僕は自慢じゃないけど、FM音源の仕組みがちんぷんかんぷんで、あのアルゴリズム表みたいのを見ると吐き気さへ覚えます(笑)。アナログシンセでもそんなにイメージ通り行ったことがない。それなりに音作りに時間がかかる。
 
 

プリセット派がより効率良く作曲するには?

 (僕はプリセット派なので説明しますと)
 プリセット派の必要なスキルは、どこにどんな音があるか把握することに尽きます。
そうなると、タグ付けできたりブックマーク機能があることが大事になってきます。プリセットリストが見にくかったりブックマークできなかったりするシンセだと、多少音が良くてもだんだん使わなくなってしまう。
 
 Spestrasonic社のOmnisphereなんかは全部のプリセット聞くだけでも膨大な量なので大変だけど、持っている方は一度はやってみることをオススメします。☆印でレートをつけられるので、使えそうな音の序列を作っておくと、イメージの音にたどり着きやすくなります。
 
さて、プリセット派でも、初心者でもこれだけは覚えておきたいものがあります。
 
フィルター(カットオフ)系と、ADSRの設定です。
 
フィルターは音の明るさで、どのくらい、どのように明るくするか(暗くするか)の設定です。
 
 ADSRは、細かいところはグーグル先生にお願いするとして、、ざっくり言うと、
アタック(音の立ち上がり)、ディケイ(最大音量がどこまで伸びるか)、サスティーン(音の減衰の伸び具合)、リリース(鍵盤を放してからどのくらい音が伸びるか)
のことです。
 アナログモデリング系のシンセは大体このつまみがあるので色々いじくって変化を楽しんでください。
 
 
 これだけ覚えてればプリセットだけではしっくりこない時でも大体対応できます。
あと、不必要なエフェクトがかかってたり、デフォルトでリバーブやディレイがかかりすぎてたりする場合も多いので、ちょこっと直すだけでだいぶ使いやすくなったりします。reFXのnexusなんかはトランスやEDM系の定番シンセですが、プリセットでリバーブ深めなので僕は大体少し絞ってます。
 
おわりに
 
 どうですか?シンセの知識がそんなにないあなたでも、「なんとかなる♪」と思えてきたのではないでしょうか?
 もちろんシンセを深く理解した方が世界は広がると思うので、僕のように面倒くさがりでない方は是非、シンセの深い世界へチャレンジしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 

【作曲テク】サビ前のギミックは歌ものの命

 一番気持ちが盛り上がるのは、今からサビが始まりますよ!というサビ前の瞬間。
期待感が一気に膨らみサビに突入します。
 ドラムのフィルだったり、リズムのキメだったりスイープ系のシンセだったり、そのほか効果音系シンセエフェクトだったり。
 逆にブレイクして無音を作るのも定番ですがとても効果的です。
 
 以前にも書いたのですがBメロ最後、つまりサビ前に1小節作って期待感を煽るやり方も定番。
この部分ってアレンジの腕の見せ所といってもいいかもしれません。音を足したり抜いたりして一番印象的な方法を探るのです。ここが弱いと曲全体の印象も薄くなり、歌全体が平たくなります。
 
 僕も特に歌もので打ち込み主体の曲を作るときは、この部分の推敲を重ね納得いくまで時間を費やします。
 
 
 
JPOPでサビ前がどんな風に扱われているか例を挙げてみてみよう。
いちようyoutubeで聴ける楽曲の中で選んでみました。カッコ内がどんなアレンジになっているかです。
 
 

「ヘヴィーローテーション」 AKB48    (歌のみ残しブレイク)

 

「レーザービーム」 Perfume       (無音ブレイク)

 

「硝子の少年」  KinKi Kids      (2分音符3発のキメ・・・「stay  with me」)

 

恋におちたら」 Crystal Kay      (ストリングスの駈け下り)

 

瞳をとじて」  平井堅  (サビからドラムが入る。サビ前にドラムとベースの4分音符伸ばしキメ)

 

青春アミーゴ」 修二と彰    (ジャーンと伸ばしたところからストリングス駆け上がり)

 

「恋」  星野源       (裏3発のドラムキメの後、16分音符スネア6発)

 

行くぜっ!怪盗少女」 ももいろクローバーZ (エクスプロージョン系のSE) 

 

「君はメロディー」   AKB48         (4発キメとストリングス駆け下り)

 

「Everything」   MISIA    (サビ前でスーっとストリングスがいなくなりサビ頭はピアノと歌だけ)

            *MISIAの歌唱力があるからこその演出で高度なワザだなぁ
 
 洋楽ですが・・・
 

「It's My Life」 Bon Jovi        (タム2発のキメ + SE重ね)

 
などなど
 
 
おわりに
 
 
いかがでしたでしょうか?
こうしてみると、無音ブレイク系、効果音(スウィープとか)系、ドラムのキメキメ(または全体でキメを合わせる)系、ストリングス駆け上がり(駆け下り系)、それらの組み合わせタイプ、に大きく分かれていますね。
 
 数えるときりがないですが
もっともっといい例はいっぱいありそうなので皆さん探して研究みてくださいね。
 
 いかにアレンジャーがサビへの持って生き方、サビ前のひと工夫に力を注いでいるかがお分かりになったと思う。でもやりすぎるとダサくなったり古臭くなったりするのでさじ加減に気をつけましょう。
そのさじ加減っていうのがセンスなんだよなぁ。
 
 
 

【作曲テク】部品作り(使える音色サンプル、フレーズ、テンプレート)の時間を作るとクオリティアップにつながる。

 
 曲作りそのものにかける時間はもちろん大事だけど、パーツ、部品作りの時間を持つことはとっても重要です。
ここに時間をかけることによって、仕上がりのクオリティは確実に変わり、スピードもアップします。いわゆる”仕込み”です。
 
 

サンプル仕込み編

 
 サンプル音源 (ドラム関連 キック・スネア・クラップ、リズムループ、 FX系、スウィープ、爆発音、ボイスなど)
をサンプリング音源サイトなどで自分のスタイルにあったサンプルをダウンロードして、使いやすいように整理する。
 これ、探すのと整理に結構時間がかかるので、1日決めてその作業だけやる日があってもいいくらいです。
でも、それほど価値がある作業です。
 
この方法に便利なツールがあります。
 
MUTANTという便利なソフトです。
サンプルをフォルダに分けて、ブックマークできたり視聴ができる。
DAWのオーディオトラック画面にドラッグして使えるので直感的です。
 
 
<参考>
mutant
 
サンプルやループなど探すなら
 
 
 
(ここは無料のサンプルがたくさんあります)
 
 
またそのダウンロードしたサンプルは、特にキックなどはEQ処理して好みの音にしておくのも後々使いやすいです。
 
 

シンセ仕込み編

 
使えそうなシンセの音色をあらかじめ作っておきます。
 
 シンセの知識があまりない人でも、プリセットを少し弄る程度ですぐ使える状態にしておけば作曲中、無駄なストレスが無くなります。
 
 

例えば、1

 シンセの重ねパターンを作っておく。パッド系とか。ピアノとパッドの重ねとか。
作曲段階でパッドの組み合わせに悩み出すと、曲作りが一旦止まってしまうのである程度は、好みの音をいくつか仕込んでおいた方がスムーズです。(Omnisphereなどのマルチ音源が使いやすい)
 

例えば、2

 アルペジエイターパターンをカスタマイズして使いやすくしておく。
結構アルペジエイターパターンて、プリセットだとしっくりこなかったりするんですよね。3度の音が入ってたりするとコードと合わなくなってくるので基本5度とオクターブの組み合わせで、後から3度をコードに合うように付け足すとかした方が効率的です。
 
 
 また僕の場合、ストリングスのオリジナルのマルチセット(LA Scoring Strings, Hollywood Strings ほか)は常に使いやすようにテンプレートを改良してます。 
ストリングスの人数によってセットをいくつか作っています。
使う頻度低い奏法のサンプルはテンプレートから削るとか。リバーブの設定とか。
 
 
 
おわりに
 
 いかに作曲そのものに取り掛かっている時にストレスなく作業できるか、作曲の本質部分にエネルギーを注ぎこめるかは普段の下ごしらえにかかっています。
あと、これらの仕込み終わったパーツは後々の改良が大事なので、時々アップデートして常にチープだったり古臭くならないよう気をつけましょう。
 
 

聴き映えのする2mixにするためにマスタートラックにかけるべき4つのプラグイン

 
 リリースされている音源と、自分が作った音源を聴き比べてあまりのショボさに愕然となったことはないですか?僕はあります(笑)その差をなくすために色々試行錯誤しながら方法を常に探しています。
今日は、大切な最後の工程のマスターにかけるプラグインについて書いてみようと思います。
もちろん最後の工程なので各トラックのミックスバランスは整えたという前提でのお話です。
 
 迫力もあり広がりもあり、しかも奥域のあるミックスを作り上げるためにマスタートラックにかける4つのプラグインを紹介します。
 
 注意するのは最近のソフト音源は単体で聴いても素晴らしい音質のものが多いですが、レベルが最初から高い傾向にあるので最初にフェーダーを下げ気味にしておいてからスタートする方が後々作業しやすいです。僕はテンプレートの段階でインスツルメントトラックのフェーダーを少し下げています。
 
 

1段目 

brownworx bx_digital V2   MS処理ができるプラグイン
音の広がりとバランス良く音圧が得られます。EQはここで微調整します。
 音数の多い最近の歌ものPOPSとか迫力あるダンスミュージック、ロックなど万能に使えます。
 MS処理とはトラックのセンターとサイドの音を分離してレベル調整などをする処理のこと。「Mastering start」というプリセットを少しいじって僕のデフォルトにしています。
 

f:id:natsumegu629:20170410100412p:plain

 

2段目 

iZotope ozone6 または WAVES L2 またはL3
音圧調整、プリセットがわかりやすい。また、ozone6では少しニュアンスが違うな、できるだけミックスの雰囲気を変えないで音圧レベルを調整したいなという時はL2やL3を使います。ここではEQはオフにします。音を聴きながらダイナミクススレッショルドを調整します。曲によりますが「CDマスター」というプリセットから調整を始めることが多い。
 

f:id:natsumegu629:20170410100457p:plain

 
 

3段目 

sample magic     magic AB リファレンスに特化したプラグイン。これがないと不安だしかなり助けられてきました。

これは理想とするミックス音源(マスタープラグインを通さない音)をリファレンスとして簡単に比較しながらミックス作業ができるプラグインです。作る楽曲と似たジャンルの曲を選びます(最大9曲まで)。

 f:id:natsumegu629:20170410100337p:plain

4段目 

 T-racksのmetering ピーク、音圧レベル、パンのバランスを確かめるメーター。
音楽ジャンルによって自分なりの基準を決めて音圧感を最終調整する。
僕はなんとなくこれが使いやすくて使っているのですが、他にもいろんなメータープラグインあるので自分の好みで使いましょう。
 

f:id:natsumegu629:20170410100826p:plain

 
 
おわりに
 
 マスターに差すものは、僕の中で常にアップデートされていくので今後はまた変わるかもしれませんが、今はこのセットが大変お気に入りです。またいいプラグインやセッティングが見つかったらブログで報告しますね。プラグインの世界も本当に流れが早いですからね。
 
 
 *追記 MAGIC ABはマキシマイザーの下段にしないとリファレンス音源がマキシマイザーの影響を受ける事がわかったので3段目に変更しました(2017.05.01)
 
 
 
 

フリーの作曲家(サウンドクリエイター)ってどんなライフサイクルでどんな収入パターン?

 今日は僕自身のライフサイクルと収入パターンをわりとぶっちゃけてお話しします。
フリーとは、誰に拘束されることなく、仕事をやるもやらないも自由なので、あえて自分を縛ることも重要になってきます。僕の場合それは世の中の会社の時間の動きに沿って行動することでもあります。特に理由はないのですが、敢えて言うならばわかりやすいから。
 金曜は一人飲みあるき(金曜の街の人々はウキウキしていてこっちまで楽しい)、土曜日は基本休みにしています。休みを曜日で作る方が生活リズムが作りやすいからです。
 

ライフサイクル

 
 僕はどちらかというと朝方なので、6時から7時に起きて楽器練習を少しします。
その後、仕事の参考資料の音源聴いてイメージつかんだりラフ作ったり。
 NHK連ドラやニュースを見ながら朝食をとり、9時には作曲を始めます。同時にブログもちょこちょこ書き始めます。
 
 12時には昼食してテレビ見て午後はまた仕事続き。
 
 夕方17時には、作業をやめてジムに行くか、コーヒー飲みに喫茶店に行きます。大好きな読書の時間でもあります。
 
 19時から仕事が間に合わなければ間に合うまで仕事して、特にない時はまた楽器を弾いたりして、夕食を食べたらその日は終わりです。
 
 結構ユルリとしてるでしょ。
 
 でも1週間のリズムを無理なく作ることで、仕事の入れ具合とか疲れ具合も調整できるし精神的に安定します。30代前半の時はもっとががむしゃらでしたが、やっぱりがむしゃらにできる時期っていうのはそうそう長くありません。(がむしゃらに集中できる時にどこまでやれるかによって、その後のポジションも決まってくる・・・みたいなことを当時絶頂期の島田紳助さんがおっしゃってましたのを思い出します)
 
 フリーだと仕事がない時は本当に2、3ヶ月ない時もあるし、集中する時はテンパるほど集中します。なので忙しい時はいっつもこのリズムができるかというとそうでもないのですが、自分の中で基本パターンを作っておくと何しろ生活リズムがとりやすく落ち着いて目の前の仕事に取り組めます。
 

フリー作曲家の収入パターンって?

 

著作権使用料(楽曲使用料)

 
 これは本当に人それぞれだと思いますが僕の場合、今は著作権使用料と制作(アレンジとか買取BGM)のギャラが半々くらいでしょうか。
 その年によってバランスは変わりますが(一昨年くらいまでは著作権使用料が圧倒的割合でした。テレビの帯番組で曲が頻繁に使われていたからです)。
 
近年はテレビ(地上波と衛星放送など)とラジオ番組(これは今年から)で楽曲がコンスタントに使われているので3ヶ月に一度のJASRACや出版社からの収入はわりと読みやすいです(増えても減っても)。
 

制作費ギャラ(アレンジなど)

 
 今はコンスタントに制作の仕事がある会社が2、3社で、あとは忘れた頃に連絡を頂けるある会社や人がちらほら(笑)。
 内容は歌曲アレンジの仕事、舞台のBGMなどの仕事が不定期に少し(こちらはコンペでいつ採用されるか読みにくい)、ゲーム音楽が不定期に少し、映画の仕事が1、2年に1回。と言ったところです。1件あたりのギャラはその都度バラバラ。
 

音源販売(著作権フリー音源販売サイト)

 
 あと、時間があるときはAudiostockなどの著作権フリー音源販売サイトなどに曲をアップしてます。これもちょこちょこ収入になり始めています。ただしこれは相当数こなさないとまとまった金額にするのは難しいですね。傾向と対策を練って、数を増やせば収入は少しづつでも増えていくのでこれも予想がつきやすい収入分野です。それと楽曲が売れるとメールが来るので、何かと落ち込みがちな時でも少しテンションが上がります(これ大事)
 
 
終わりに
 
 職業音楽家で長くやっていくにはある程度収入が読める仕事も何割かは必要だと思ってるので放送音楽、著作権フリーサイトなどは僕にはうってつけかなと思ってます。
 ベースとなる収入が確保出来る仕事があった上で、本当に挑戦したい映画音楽やドラマ劇伴、映像音楽、時にアーティスト活動にトライするという方法が僕には合っているようです。
 
 
 

アレンジが飛躍的に上達した着メロ制作から学んだ3つのこと

今から10年くらい前、作曲や編曲だけで食えなかった時、着メロの仕事をしていました。
 1曲たしか5000円くらいだったと思うんだけど、1日に3曲程度のノルマがありました。制作の仕事が忙しくなりやめるまで約半年、ほぼ休みなしでやり続けていました。
 
仕事の内容は、
送られてきたMP3 から30秒くらしサビの部分を抜き出しDAWにはりつけて耳コピーして、MIDIデータを作ります。音源はローランドのSC−88proという当時DTMをやる人にとても人気だったハード音源1台を使いました。
そしてあらゆるテクニックを駆使して出来るだけ本物に近づけます。
そこで身に付いた3つのことをあげてみます。
 
 

⑴アレンジの上達

30秒から45秒、サビ中心に抜き出し徹底的に耳コピーします。最初は大変だったが耳が慣れてくると、埋もれている音まで聞こえてくる。例えば、薄くバックに入っているパッドとか、ちっちゃく入っているシンセのシーケンスフレーズとか。こう言う主張しないたくさんの音がメジャーの聴きごたえのある楽曲になっているんだなと感心したものです。
また会社からのダメだしも最初の頃は結構あり、とても鍛えられました。この音が入っていない!とかこの1音音程が違う!とか。チェックする方の耳も大変なもんだなと思いました。
 

⑵アレンジのスケジュール感覚が磨かれた

 締め切りが毎日あるのでスケジュール管理に厳しくなりました。リズムは30分で、コードは5分で、ウワモノ1時間でやらないと間に合わないな、とか。曲によってどこに時間がかかるかそれぞれ違うのですが、だんだんそれも読めるようになりました。
 

⑶たくさんの曲との出会い

 
 毎日知らない曲も含め3曲送られてきたので、曲を知るようになりました。演歌もアイドルソングも、ロックも。まさにジャンルレス。コピーするのはサビだけなんですが。全体を通して聞かないと使われてる楽器がわからないことあるので、曲は丁寧に聞きました。
 
 
 

おわりに

 
辛かったのはあまり好みでない曲を3時間くらい聴き続けなきゃいけないことでした(笑)。
しかしあの時の修行があったから、わりとジャンルレスにアレンジ仕事も出来るようになったんだなぁとしみじみします(遠い目)。何が言いたいかというと、いっけん生活費稼ぎのためだけのアルバイトでも、本職に近い職種を選べば、将来役立つことがある流ということでした。