ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

【DTMテクニック】ピアノが弾けなくてもかっこいいピアノバラードが作りたい人へ

f:id:natsumegu629:20171121213629j:plain

 
 ピアノは弾けないけど、ピアノだけの綺麗なバラードBGMを作りたい!って思っている方は結構いると思うのです。
そこで実際ピアノは弾けなくても十分、雰囲気のあるピアノ曲を打ち込む方法を書きます。
 
こんな感じの曲を作るとします。
 

メロディと伴奏は同じMIDIチャンネルで別々のトラックで打ち込む

 
右手(メロディ)と左手(伴奏)、バラバラに打ち込みます(別トラックにしてもいいです)。
MIDIトラックチャンネルは合わせてください。
 

f:id:natsumegu629:20171121213922p:plain

上段がメロディ 下段が伴奏のアルペジオ(サスティンペダルを使用)

 

左手はアルペジオでもコード8分刻みでも構いません。

実際の曲のテンポよりかなり遅くして自分でも引ける程度までテンポを下げて打ち込んでも良いのでリアルとイム入力をオススメします。

 

曲の雰囲気を高めるテクニック

 

アウフタクト(メロディが1拍目以外から始まること)にする

こうするとかなり雰囲気が出ます。
曲の入りにインパクトがつきます。
 

メロディが細かい時は左手の伴奏はそんなに動かさない

逆にメロディが大きい時(白玉など)は伴奏を細かくしても構いません。
右手と左手の動きはそれぞれかぶらない方がベターです。
メロディと伴奏がお互い引き立つようなアレンジを心がけます。
 

サビや強調したいところは6度のハモリにする

同じメロディのセクションが2回繰り返される時はふた回り目は6度でハモると効果的です。また、オクターブ重ねも同じように効果的です。サビのパートも同じように重ねるといいでしょう。
 

クオンタイズはできるだけかけない

できるだけクオンタイズはかけずに打ち込みます。どうしてもうまくいかない場合、クオンタイズの正確度を少し緩くしてかけます。(大体のDAWでクオンタイズのかかり具合が調整できるはずです)
ベロシティは不自然なところを修正していきます。
 
 
スポンサーリンク

 

 
 
 

テンポのオートメーション

セクションの変わり目などで少しテンポを遅く書き込んで雰囲気を出します。
ここは大事なところなので少しめんどくさいですが手を抜かずにやりましょう。
歌もののJPOPバラードなどはいちいちテンポを変える必要はありません。
 

f:id:natsumegu629:20171121214116p:plain

曲のセクションのつなぎ目は細かくテンポを変えてセクションが変わったらテンポを戻す
 
おわりに
ちょっとしたコツさえ押さえておけば、ちょっと古いけどリチャードクレーダーマン風とか、S.E.N.S.風なBGMが実際にピアノが弾けなくても作れるようになるはずです。
慣れなので何度か曲を作って精度を上げていきましょう。
 

 

 
 
 

フリー作曲家としてどんな風に仕事と出会ってきたか?を書きます

f:id:natsumegu629:20171117095140j:plain

 今日は趣を変えて、どういう風にフリー作曲家として仕事と出会ってきたかを書こうと思います。

僕は有名でもないし、才能もないけどなんとかフリーで16年食べてこられました。

これからはどうなるかわからないけど。

しかしながらも、これからフリーで頑張っていこうと思う人の少しでも参考になればと。

 

一番最初の仕事

 当時通っていた新宿のとある作曲教室で一緒になった同じ生徒の方がゲーム音楽の仕事でしていて、最近忙しいから手伝ってくれないかと相談される。そして初めての発注を受けました。

確か1分半くらいの曲でMIDIデータでの納品だっったと思います。

当時SC-88proというローランドの音源を使って一所懸命作曲しました。

なんとかOKをもらい、その後わりとコンスタントに仕事をもらえるようになります。

今か18年くらい前かな。月5万円くらいで多い時10万円くらい。

 

その取引先の人が企画上手でしょっちゅうアルバム制作などの企画をしていたので、そこでアレンジや作曲の仕事もいただけました。

それでも当時は、音楽だけでは食えないので派遣でヘルプデスク(インターネットサポート)をしていました。

 

営業をかけてなんとか生活できるギリギリラインへ

 インターネットのBBS(響きが懐かしい)で作家募集していた事務所に応募したところ半年後くらいに電話が来て仕事をもらいます。

ドラマというラジオドラマをCDにしたような製品に劇伴をつける仕事でした。

そのドラマCDの劇伴の仕事を2ヶ月に1本のペースでやるようになるのです。

これはギャラにも幅があって、当時12万円から25万円くらいでした。

1タイトルを2週間20曲から30曲くらい作って、修正も結構たくさんあってそれなりに大変でした。

合わせて、他のところからアレンジの仕事をたまにもらえるようになり、

派遣の仕事やめよう!という気分になったのです。(貯金もなく機材の借金ばかりなのに若かったからできたことなのかな)

 

後々、ドラマCDの会社は潰れてしまい、また他の食い扶持を探すことに・・・。

 

スポンサーリンク

 

転機

なんとか取引先を探そうとMusicmanという音楽業界誌を買って、音楽関連の会社にかたっぱしからデモを送りました。

そんなんとき、とある事務所から連絡が来てコンペコンペの毎日になります。

この事務所にはデモを送ってから全く連絡がなかったので、僕の方から電話して確認してみました。

「まだ聴いていません」との返答に拍子抜けしたのですが、電話を切った後すぐに聴いてくれたのか間も無く連絡をもらい、コンペに参加するところから仕事が始まりました。

 

初めてのコンペ通過はアニメのキャラクターソングでした。 しかしながら、そんなに売れなくて印税も驚くほど少額でした。

コンペは落ちたら一銭にもならないし、そうそう頻繁に通るものでもないので費やす時間や仮歌へのギャラなど含め「これが仕事といえるのか!?」という問いに苛まされる日々。全く費用対効果が期待できないのです。大ヒット曲になれば話は変わってきますが宝くじを買うようなものです。

 

 その後もなかなか通らなかったんですが、ある時ラッキーなことにTVの帯番組の音楽の仕事が決まったのです。

仕事はとっても大変でしたが、毎日曲が使われたので使用料収入が入り経済的に安定するようになりました。

やっぱり経済的に安定すると気持ちにも余裕が出て、いろいろな人と会う機会も増えました。

懇親会などに参加するうちに映画監督を知り合いその後何本か、映画の劇伴もするようになりました。

映画劇伴の仕事はほとんどパーティーで知り合った映画監督からいただいた。 お金を機材以外にセミナーとかスクールに使うことができるようになりスキルもそれなりについて来ました。

そうするとコンサートBGMとか、舞台の音楽の仕事とかも少しできるようになりました。指名での作曲も少ないですがたまーに来ます。

 

フリーとして何が備わってきたのか

 こう書くと何だか順調に時を過ごして来たように見えますが、やはりフリーに不安はいつでもつきものなので情緒不安定になることもありました(今でもw)

特に今はまた単発仕事ばかりでなかなか収入的に安定しない時期です。

やはりある程度収入が読める継続仕事をいくつか抱え込んでおくのが理想ですから。

ただ、スキルと経験がが若い時よりあるのと、フリーとしての胆力が備わってきたので毎日を楽しく過ごすことはできています。

 

まぁ安定することは一生ないと思っているので死ぬまでドタバタと営業しながら仕事していくんだろうなぁ、というのが正直なところです。

 

 フリーになる前から老後の心配をするようなタイプの人にはフリーは向かないでしょう。ある程度、楽観的にも捕らえられて、それでいて臆病な人(臆病なので色々手を尽くして最悪の事態にならないよう準備できる)が長く続けられるような気がします。

 

 

【作曲テクニック】どうしても曲が浮かばない場合の対処法4つ

f:id:natsumegu629:20171114115843p:plain

 
 毎日曲を作っていると、どうしても何も浮かばない時ってありますよね。
そんな時はちょっとしたとっかかりを脳に上げてあげると、その後スムーズに曲作りが進んだりします。
そんなテクニックを少し書きます。
 

1 シンセのプリセットを片っ端から試聴してみる

 プリセットからしっかり作り込んであるようなソフトシンセがオススメです。ReFXやOmnisphere など。とりあえずはポリシンセ系やアルペジオ系のプリセットから攻めてみると良いと思います。
音色に触発されて曲ができることも多々ありますからね。内臓エフェクターなども弄りながら曲作りのテンションが上がってくるのを待ちましょう。新しいソフトシンセのデモ版をダウンロードして遊ぶのも良いかもしれません。曲ができない時こそ遊び心を忘れたくないものです。
 

2 かっこいいリズムループをまず見つける

 普段からコツコツストックしているループ素材をランダムに聴いてみて気分が乗ってくるまで繰り返します。
日頃のネタ集めがここで効いてきます。良いグルーブに出会うと自然にメロディが浮かんだりします。良いリズムループに出会ったら次にそれに合うベースパターンに取り掛かるのも良い方法です。またループはもちろんリズムばかりでないので、核となるシンセパターンをサンプルループで探してそこから肉付けしていくのも有効です。
 
スポンサーリンク

 

 

3 アルペジエイターでフレーズ作りから入る

 例えばOmnisphereのアルペジエイターにはたくさんのプリセットが入っていますが
ベースラインなどで普段使わないようなアルペジエイタープリセットの音色をはめてみると、意外と新鮮で視界が開けたりします。
主なるメロディラインから作る必要は全くなく、良いイントロやリフが先に浮かんでも全然構わないのです。

f:id:natsumegu629:20171114132044p:plain

Omnisphereのアルペジエイター設定画面
 

4 参考曲を見つけ音の組み合わせを変えて遊んでみる

 どうしてもメロディ先行で作りたいのであれば、ヒット曲のサビのメロディの音の組み合わせを変えてみてとっかかりを作る。
あくまでも似ない程度にすることが肝心です。
 
 
そして、最終的に上記の要素全てをつぎ込んでまず8小節作ってみましょう。
何かしら曲らしきものができてくるはずです。あとは推敲を重ねて曲の精度を上げていけば良いのです。
 
 
  あと、どうしてもうまくいかない時は、よくない仕上がりでも無理やり1曲出来上がりというふうにしてしまって区切りをつけ、次作に取り掛かると憑き物が取れたように良い曲がすんなりできることがあります(これは昔僕が、有名作曲家に習っていた時教えてもらった対処法)途中で曲作りを止めるのでなくあくまで完成させるというところがキモです。
 
 おわりに
上記全てを試してもダメな時は、もういったん寝ちゃいましょう(笑)
 

 

 
 
 
 
 
 

【DTMテクニック】打ち込みドラムでどうにも迫力が出ない時は?

f:id:natsumegu629:20171113112511j:plain

 生ドラム系の打ち込みをしていて、いざ曲で聴いてみるとなんかドラムがしょぼくて迫力が出ないと思ったことないですか?
今日は僕なりの迫力の出し方を書きますね。
 
 ドラムは今回FX PansionのBFD3を使います。どんなドラム音源でも良いとは思いますがパラで出力できるものがオススメです。(キックとかスネアとかをそれぞれ独立して出力できる設定ができるもの)
 

各ドラムのパーツをパラ出し

 
まずキック、スネア、タム、シンバル、アンビエンスなどをAUXトラックににバラバラに立ち上げておきます。
そして、それぞれに適切なEQ処理、コンプをかけます。これは作る音楽によって設定が変わってきます。
僕の場合テンプレートに次のAUXトラックがあらかじめ立ち上がってます。
 

キック : NativeInstrument SOLID BUS COMP

                  WAVES C1 GATE

 

スネア : WAVES Maserati DRM

                   WAVES Q10

 

タム  :  WAVES C1 GATE

 

アンビエンス:  WAVES C1 GATE

 

みたいな感じです。
曲に合わせて微調整します。
 
パラアウトの方法はこちらのサイトがわかりやすのでリンクしますね。

もう一度グループにまとめてプラグイン処理

 

そしてさらに、それらのパラで立ち上げたAUXトラックの出力を別のグループBUSにまとめてドラムグループのAUXトラックを作ります。

そこにWAVES Maserati GRP や PSP old Timer などのプラグインを挿して完成です。

 グループに挿すものは手持ちのダイナミクスプラグインを色々試して自分に合うものを探しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

それでは実際に音で最初から確認してみましょう。

 

 

まずBFD3からパラで立ち上げただけの元の音

 

バスドラの余韻が邪魔なのと、僕的にはスネアの音がイメージじゃない感じです。このままマスタートラックで音圧を上げても邪魔な要素が多いので粒だちが悪く、曲中で思うようにドラムの迫力はでません。

 
 

それぞれのトラックにプラグイン処理をした音

最初に説明したように、各トラックにゲートやシミュレーター系、コンプなどのプラグインをかけているので輪郭が見えやすくスネアが特に抜けて音が立ってきました。でもまだ迫力が足りません。 
 
 

もう一度ドラムをグループトラックにまとめてからMaserati GRPをかけた音

 音も粒立って迫力も出ました。キックの余韻などはまた元のトラックのプラグインを調整しながら決めます。この時にNativeInstrumentのTRANSIENT MASTERなどを使ってキックのタイトさ加減を調整すると便利です。
 

ドラムのグループトラックにPSP oldTimerをかけた音

 今度はグループにPSP oleTimerをかけて少し質感を変えてみました。もうこの辺はいい悪いじゃなく好みで曲に合わせる感じですね。
 
 
出来上がったドラムトラックは、ギターなどをたくさん重ねたトラックの中でも埋もれずちゃんと立って聴こえてくると思います。ドラム自体の音量の問題ではなく、全体のアレンジの中でどうドラムトラックが聴こえてくるかを想像するのがキモです。
 
 
おわりに
プロのエンジニアさんだったらもっと他の楽器との周波数の兼ね合いなど見ながら細かくかくトラックの処理していくのかもしれませんが、僕ら作曲メインでの作業ならここまでの処理で十分イケると思います。
 

 

 
 

永久保存版と言っていい今月号(2017.12)のサンレコ

f:id:natsumegu629:20171110131143j:plain

 今週のサウンド&レコーディングマガジン(リットーミュージック)「名匠の秘技」という特集での、11人の一流エンジニアのインタビューとテクニック解説は作曲編曲やっている人にも絶対参考になるので読んだ方がいいです。
 
その名匠たちとは・・・
 
内沼映二さん
吉田保さん
鈴木智雄さん
寺田康彦さん
山内"Dr”隆義さん
飯尾芳史さん
鎌田岳彦さん
森本浩二さん
松本靖雄さん
高山徹さん
 
という錚々たるメンバーのインタビュー記事は相当読み応えがあります。
音に対する考え方・良い音に向かう方法は本当に人それぞれで、いろいろな正解があるぶん難しい世界ですが、一流の方々の経験や考え方を
垣間見ることによって少しは自分なりの正解に近づけるんだと思います。テクニックはかなり具体的に解説されていてすぐ真似できるものばかりです。
 
スポンサーリンク
 

 

 
僕が個人的に、参考になって共感できたのは(偉そうですが・・)寺田康彦さんと高山徹さんかな。
 
寺田さんの、現場でのミュージシャンとのコミニュケーションの取り方、時には緊張感、一緒に成長していこうという姿勢。
高山さんの”時には自分の考えと逆のこと・・・絶対にこうじゃないだろうと考えたことをあえてあえてやってみる”という発想がスピッツコーネリアスのサウンドを作っているんだなと思うと胸が熱くなります。まず自分の考えの逆ってなんだろう?というところから始めなきゃいけないけどそこが新鮮。
 
 
しばらくサンレコ買ってないなぁという方も今月号が買って損はないですよ!
 

 

 
 
 
 

フリーの作曲家で生きていくため知っておくこと

 

f:id:natsumegu629:20171105213302j:plain

 
 とてもリアルな話になりますが、今回はフリーで生きていくためには生活費以外にも様々なお金がかかるという話です。
 

ではどんなお金がかかってくるのでしょう?

 まずフリーで生きていくために最低限かかる費用についてあげていきます。
国民健康保険は市町村がやっているものや、様々な業界団体の保険組合がある。ちなみに僕は芸能人保険組合に加入。作曲家は加入可能です。市町村の組合と若干料金は変わってきます。問い合わせると計算してくれます。ちなみに40歳からは国民健康保険介護保険が加わります。年金も今後さらに高くなる可能性もあります。
所得税( 作曲家は事業税はかからない)
●年間売り上げが1000万円を超えたら消費税の納税が発生します。
 

音楽制作特有の費用

作曲を職業とする場合、通常の生活費のほか機材費用がかなりかかります。
 
●PC、ほか機材のメンテナンス、ソフト代
PCも何年かに一度は買い替えが必要だし、ソフトも最近はサブスクリプション形式(買取ではなくて登録料を決められた期間で支払う)のものが増えているので考慮しなければなりません。音源も全く買い足さないわけにはいかないでしょう。
●歌ものコンペに提出する際は仮歌のギャラ  バカになりません。
●電気代  通常の家庭よりはかなりかかります。
 
これらの必ず発生する費用をざっくりとでも良いので計算しながら見通しをつける必要があります。
 
スポンサーリンク

 

 

考えかたとして

 まず月収で考えるのは無理があります。給料が支払われるわけではないし、当然一年を通して波があるからです。大きなスパンで考えることをオススメします。
暇なときにバイトするのはぜんぜんアリです。
副業作曲家の方が上手くいくことも沢山ありますし、その方が好きな音楽だけに関わりを持つことも可能です。
 
おわりに
 漠然とした不安をいつまでも抱え込むより、数字にしてクリアにする事で取り除ける不安もあるので一度できるところまででいいので試算してみると気持ちが楽になりますよ。。
   

【アレンジ苦手意識克服法】4小節耳コピのススメ

f:id:natsumegu629:20171102192344j:plain

 なかなか作曲・アレンジ・DTM全般が上達しない人へは4小節耳コピをオススメします。
 
 どういうことかというと、「こういう曲が作りたいなぁ」と思った曲をDAWに貼り付け徹底的にコピーするのです。フルコーラスのコピーをしようとすると余程根性がない限りは挫折します。
そこで4小節だけ抜き取るのです。
 

4小節徹底コピー

 なぜ4小節かというと、リズムのグルーブや主要楽器のパターンがわかる最小単位だからです。もちろん8小節でも良いのですが、ここで大事なのは完コピなので出来るだけ心が折れない程度のサイズが大事なのです。
 
コピーするための重要な点を3つあげます。

手持ちの機材でなんとかする

 大事なのは”手持ちの機材でなんとかする”です。
完コピとは言っても使用している機材はやはり素人と違うのでなかなか難しいと思いますが、そこは知恵を駆使してなんとか同じに聴こえるよう工夫するのです。この工夫が大事です。ここで工夫する癖をつけないと後々オリジナリティも出しにくくなってしまいます。
 
 耳コピは、耳が慣れるまで細部は聴き取れないものですが、何回もやっていると耳が対応してきてバックで小さくなっているシンセまで不思議と聴こえてくるようになります。
 
スポンサーリンク

 

 

4小節の部分だけ聴いててもダメ

あと、4小節だけコピーするにしてもその箇所だけ繰り返し聴いててもダメです。
曲を通して聴いてみて初めて、後ろで鳴っている音が見えてきます。例えばAメロでずっとなっているシンセパッドのコード弾きが、実際には他の楽器に埋もれて聴こえにくいけどサビでも鳴っているとか。抜き取った4小節だけ聴いてたのではわからない楽器が他の箇所を聴くことにより見えてくるのです。
 

聴こえづらい音はEQを駆使する

EQを使って聴こえにくいベースのフレーズを低音をブーストして聴こえやすくしたり、中高域をあげてシンセフレーズを解析したりします。聴きとるのにも工夫が大事です。
 
 
そのようにして、たくさんの曲をコピーすると自分の好みの音色やフレーズがわかってくるので自分の曲にも応用できるでしょう。
慣れてきたらコピーの範囲を広げて8小節にしたり16小節にしたりしましょう。

 

 
 
おわりに
僕自身、一番アレンジ能力がついたのが振り返ってみると、着メロのバイトをしていた時期だったと思います。何しろいろんなジャンルの曲をサビだけ抜き出し、何十、何百曲とコピーしたことか。あれがなかったら今でもロクにアレンジできていなかっただろうなぁ。大変だったけど役になったバイトでした。