ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

アコギ録るならiRig Acoustic Stageの実力がすごい!

 
 最近、仕事でiRig Acoustic Stageというワンタッチ取り付けマイクをお借りしてガットギターの録音をしたことがあったのですが、なかなか良い音がしていたので自分でも買って色々と使ってみました。僕の場合、ステージというより宅録用に買ったのですが結論から言うと大正解でした。
 具体的にどんな点が良いと思ったか見ていきましょう!

1 ピエゾやマグネティックピックアップと比較してリアルで温かみのあるサウンド

全然本番でも使える音。だけど取り付けがワンタッチで簡単。ほんと簡単。

f:id:natsumegu629:20181120223129j:plain

これがiRig Acoustic Stageのプリアンプ

f:id:natsumegu629:20181120223136j:plain

こんな風にホールの淵にワンタッチで挟む

 

2 設定モードが使いやすく細やか

フォークギター、ガットギター、など弾くギターの種類によってトーンのモードが切り替え可能。

通常モード(スティール弦を想定か)での
「NATURAL」
「WARM」
「BRIGHT」
の3パターン
 NYLON弦モードでの
「NATURAL」
「WARM」
「BRIGHT」
の3パターン
合計6パターンのモード設定
さらに
キャリブレーションモードでギターの個体特性を掴んだサウンド作り!
ギターの1フレットから12フレットまでセーハで抑えた音を鳴らしiRigに調整させ、固体に合わせたトーン設定ができます。
 
なかなか芸がこまかいです。
またエレアコなどピエゾなどのピックアップが付いている場合は、iRigのマイクの音とiRig上でミックスすることもできるので音作りの幅が広がりますね。
 

3 ノイズが乗りにくい

マイクを立てるより全然周りの環境ノイズを拾いません。
これは真夏に汗をダラダラかきながらブースにこもってマイクに向けギター演奏する僕みたいな人にとっては何よりありがたい。
また、「CANSEL FEEDBACK」ボタン(フィードバック防止機能)が付いているのでライブで使いたい人には強い味方になりますね。僕はまだステージで使ったことがないので感想が言えませんが。
 
難点は、当然と言えば当然ですが、マイクを立てて録音するよりはアンビエンス感がない。
近い音になります。空気感が欲しい時にはマイクを立ててとったほうが無難でしょう。
 
ここで実際に、僕が録音した音源を聴いて見てください。
ティール弦(通常BRIGHTモード)
ガットギター(NYLON NATURALモード)
 
いかがでしたか?普通にエレガットでラインでつないで録音する音とは雲泥の差だと思いませんか?値段もお手頃で大体1万円ちょっとでネットで購入できます。この音でこの値段は相当コスパ良いなと思うんですよね。
アコギをマイクで録音したいけど、環境ノイズが酷くて本番で使えないとか、仕事では使えないなんていう人でも、これを使えばバッチリいけるんではないでしょうか?
 
 

イマドキのループネタ、サンプルネタどこでゲットする?

 

f:id:natsumegu629:20170728185456j:plain

 ちょっと久しぶりの更新になりますが、今回は、イマドキのサンプルネタをどこで入手するの?という話です。
 僕の場合、以前はcomputermusic magazineの付録のサンプル、各プラグインメーカーの無料ダウンロード、CryptonFutureMediaの有料サンプルのダウンロードなどをちまちま行なっていましたが、最近はめっきりサブスクリプション系のサイトでダウンロードしています。
 僕が使っているのはSpliceです。ではSpliceを使うメリットを考えていきましょう。
 

サンプル数がとにかく膨大

ループ、サンプル、プラグインプリセットなどが現在20万以上あり、毎週増え続けている。増え続けているところがミソですね。いつも同じサンプルを使ってしまうようなことにはなりません。
 

目当ての音を検索しやすい

 これは使い勝手にとても影響するので、サンプル数が多いほど重要な条件になります。
BPM、音楽ジャンル、ショットかループか、楽器の種類、キー、など複数の条件で検索できるようになっています。僕はこのインターフェースとっても使いやすいと思います。
ちょっと検索画面の一部を載せておきますので参考になればと。

f:id:natsumegu629:20181107213054p:plain

<スポンサーリンク>

 

お手軽な料金体系

月額約900円で、100回ダウンロード可能です。翌月に未ダウンロードのカウントは繰り越されます。
僕の場合は100回使い切ることはほとんどなく20から30は翌月に繰り越される。結構バンバンダウンロードしても、意外に100はいかないものです。もともとクラブミュージックに特化した内容にもなっているのでEDMなど専門に制作している人は、それなりに消費するかもしれませんが。
 
ちなみに
 
7.99ドル で100ダウンロード
13.99ドルで300ダウンロード
21.99ドルで600ダウンロード
 
となっています。最初は7.99ドルコースで様子を見て、自分の使用頻度を見ながら段階的にコースをあげて行くと良いでしょう。
 
最後に
 今の僕の使い方のメインとしてはTopsと言われる、リズムのウワモノ(ハット、タンバリンなどの振りもの系ループ)をSpliceで探ってリズムトラックを構築するのに使ってます。あとはFX系もわりと充実しているので、JPOP、色々な映像系BGMなどにも使いやすいと思います。
 トライヤルもあるので、まずは体験してみてはどうでしょうか。きっと制作の強い味方になってくれるはずです。
 
 
*noteで作曲に役立つ情報を有料配信してます。こちらもどうぞ!

note.mu

noteにて有料記事公開しました!テンポの聴感上の速度について書いてます

f:id:natsumegu629:20180726154751j:plain

以前書いた「ヒット曲の店舗を分析して作曲のレベルアップに!」というエントリが比較的読んでいただけたようなので、テンポにちなんだ、ちょっと突っ込んだ作曲のコツみたいなものを書いてみました。

 

 ----------------------note配信記事 ----------------------

BPM以外のところで曲の速度感をコントロールする!」

https://note.mu/nutmeg629/n/n2449902a986d

 

 過去記事はここ。

www.nutmeg.today

 

 

よろしくお願いします♪

 

 

【作曲テクニック】メロディのバランス力を磨け!

f:id:natsumegu629:20170613120619j:plain

 今日はメロディのバランスについて考えたいと思います。

早速ですが今日のポイントは、縦と横のそれぞれのバランスです。
 
縦は、音の高低差。
横は、音の長さや細かさ、です。
 

縦のバランスとは

 
音の高低差は歌もので考えた場合、その範囲は1オクターブとメジャー3度くらいが目安ですね。
生楽器をメロディにしたい場合は各楽器の音域を確認する必要があります。
シンセにしてもその音色の一番美味しい帯域があるはずなので意識します。
歌の場合、もちろん歌い手によってはもっと幅広く使えますが、あくまで誰が歌うかわからない場合を想定して標準を取ります。
 
標準的なポップスを例にとって考えると、
Aメロ、Bメロ、Cメロ(サビ)で平均的に高い音になるのはCメロでしょう。もちろん例外もあるしアイデア次第では
A,Bより低い位置にいてもサビを盛り上げることは不可能ではないと思います。
しかし初心者の人が意図もなく曲作りを進めた場合、Cメロで何かしぼんでしまうという壁にぶち当たることはよくあるので、
この辺のバランス感覚は必要です。
 

チェック項目と解決策

・サビで盛り上がるような音域になっているかチェック。
なっていなければAメロ、Bメロの音域を見直します。基本あくまでサビの引き立て役ですからね。Bメロで高い音域を使いすぎて、サビでトーンダウンなんてパターンよくあります。
・使用音域をサビであまり変えたくない場合は、転調して雰囲気を変えて印象付けるという方法も常套句。(あまり上に音域を上げなくても済むキーへの転調を考える)
特に音域が狭いアイドル向け楽曲などでは有効ですよね。
 

横のバランスとは

 
DTMではデュレーション音価)と呼ばれる音の長さや、譜割り(リズム)のことです。
何か、のっぺりとした曲になってしまって緊張感がない、山場が感じられないな、というときは横のバランスを見直すと解決する場合があります。
 

チェック項目と解決策

・頭から終わりまで、メロディが全部同じリズムパターンになっていないか確認する。
・Aメロで長めの音符が続いたらBメロでは刻んでみる(細かい譜割りを入れてみる)。
シンコペーションを入れて推進力をつける。
アウフタクトで入るパートを作りノリを出す。
などなど。
  ワンアイデアとしてAメロとサビの譜わりを同じにすると以外にバランスよく曲が聴けたりしますよ。(メロディの音域は変える)その場合、Bメロの変化が勝負所になりますね。
 
<スポンサーリンク>

 

 
一つだけ例を見てみます。
星野源の「アイデア」という比較的最近の曲です。
 
Aメロ (8小節を2回しパターン)
縦:下のAの音から入って音域は下のF-Aが中心。 
横;隙間を感じさせる休符多めから入り8分音符中心。音価短め。
Bメロ 
縦:下のFから上がCまでを中心に音域が広がり出す。
横:Aとはリズムを変え頭の音を一拍半伸ばしている。休符少なめ、というかほとんどない。8分音符中心。
Cメロ 
縦:上のFから入りAからFの高めの音域が中心で最高音は1オクターブ上のA。
横:ほとんど4分音符の伸ばし。
 
 おわりに

 

いかがだったでしょうか?特に曲を量産する場合、常に盾と横のバランスを意識していれば、壁にぶち当たった時の解決策も見つかりやすいし、クオリティを落とさずにすむはずです。とにかくいっぱい曲を聴いて縦と横のバランスの感覚を身につけるのは重要だと思います。
 
  そして、、ここまで書いておいてなんなのですが、サビの盛り上げ方、印象の付け方は実に様々で、Aメロとサビが縦も横もほとんど同じメロディでコーラスで厚くしてあるだけなんていう場合もあります。今日ここに書いたアイデアは、主に歌モノを作る場合のベーシックな思考方法です。そこから発展させて色々曲を聴きまくって、広げていくのが良いのではと思います。
 
 

身につけるべき!いつのまにかアレンジが上達するクセとは?

f:id:natsumegu629:20170403152532j:plain

 今日は、さぁ!アレンジの勉強をするぞ!と意を決して取り組むというよりは、日々の習慣として身につければいつのまにか作曲もアレンジも上達してますよ♪ という話をします。

と言ってもプロの人なら意識せずともみんなやっている事かもしれませんが。

 

聴いて良いと思ったフレーズ、コードはどこにいてもスマホにメモる

 家でじっくり音楽を聴いている時に、参考になる曲に出会えるとは限りません。

”資料聴き”と言って、発注されている曲の参考になりそうな曲を、ネットなどを使って片っ端から聴くことはありますが、本当に血肉になる音楽ってそういう聴き方をしているときに出会えるとは限りません。むしろ街に出た時の方が僕は遭遇します。


 僕の場合、カフェとかバーにいる時に店内で流れている曲からインスピレーションを得ることがよくあります。クルマから流れるラジオからも出会いはあるかもしれません。
そんな時、なんとなくやり過ごしてしまうのはなんと勿体無いことか!

そこで、

Soundhoundを活用する

カフェで流れる曲でコード進行が気になったり、シンセのフレーズが斬新だったり、ギターのフレーズがかっこよかったら、速攻曲を調べて、家に帰って真似してみます。

この際にSoundhoundを利用するのです。

簡単に説明するとSoundhoundとは、スマホに、かかっている曲を聴かせて曲名やアーティストを調べるアプリです。

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

  • SoundHound, Inc.
  • ミュージック
  • 無料

 これとっても便利で重宝してます。

<スポンサーリンク>

 


クルマのラジオで聴いた場合は、だいたい曲紹介があるので憶えておくか、あとで局のホームページで流れた時間を元にオンエア曲を調べます。


 これがクセになっていると、一年で脳内ストックは、相当たまりますよ!

コツは軽い気持ちでやることです。2小節くらいコピーできれば上出来。のめり込むと他のことができなくなるし、負担になってしまうし慣習化できなくなってしまいますからね。

1日ワンフレーズ、ワンコード進行ものにできれば1年365フレーズ。フレーズはコードとワンセットで覚えることをオススメします。

いざ!曲を作ろう!という時にクオリティもスピードも上がっているはずです。
ぜひお試しください。

noteにて有料記事の販売始めました♪

f:id:natsumegu629:20180610160346j:plain

 こんにちは。いつもブログ読んでいただいてありがとうございます♪

さてさて、このブログも書き始めて1年と3ヶ月あまりなのですが、おかげさまで読んでくださる方がけっこういることが最近実感できて嬉しい限りです。

 

そこで、今まで特にたくさんアクセスのあった記事から選んで、肉付き加筆してまとめたものをnoteというサイトで100円にて配信することにしまして・・・

より突っ込んだ内容を書いていければなと。

 

第1投目は

クオリティの高い曲を量産するために必要な行動とは?

というエントリにちょこちょこ文章を付け足し、また最近役にたったことなども加筆して配信しております。

どうぞご興味のある方は覗いてやってくださいませ♪

https://note.mu/nutmeg629/n/n28c921c9d077

 

もちろん基本はこちらのブログで、これからもつらつらと役にたったことや機材のことなど書いてまいりますのでよろしくです。

 

 

 

【参考】気になる!?音楽ジャンル別使用プラグインソフト

f:id:natsumegu629:20170511110610p:plain

 一口に作曲と言っても、作りたい曲にはいろんなジャンルがありますよね。そしてジャンルによって音色もなんとなく使われやすい機材の傾向がありますから使う音源も変わってくるわけです。
そこで、僕が今使っている音源をジャンル別にまとめてみました。
 
大前提で使用する音源は本当に人それぞれだと思いますが、何となく傾向というものはあるわけで・・
こんな感じで今は使ってます。
 

EDM

●リズム
Spark Dubstep 
Spectrasonics Stylus RMX(パーカッション)
Native Instrument Battery4
 
●ベース
Spectrasonics Trilian
LennarDigital  Sylenth1
 
●ウワモノ
Spectrasonics Omnisphere2
reFX Nexus2
UVI Falcon
LennarDigital Sylenth1
Native Instrument  Massive

ポップス

リズム
XLN Audio  AddictiveDrums 
iZotope  BreakTweaker
ARTURIA Spark
Native Instrument Battery4
Spectrasonics Stylus RMX(パーカッション・ループ)
 
●ベース
Spectrasonics Trilian
Native Instrument SCABEE PRE-BASS ほかCABEEシリーズ
 
●ウワモノ
Spectrasonics Omnisphere2
UVI Falcon
reFX Nexus2
BestServise Chris Hein Horns Pro (ブラス)
 

ロック

●リズム
XLN audo AddictiveDrums 
BFD3
Native Instrument Battery4
Spectrasonics Stylus RMX(パーカッション)
●ウワモノ
Spectrasonics Omnisphere2
LASS 2.5 (ストリングス)
Lounge Lizard EP-4(エレピ)
●ベース
Spectrasonics Trilian
Native Instrument SCABEE PRE-BASSほか
 
<スポンサーリンク>

 

 

クラシック・映画音楽

EastWest  EWQLSO PLATINUM COMPLETE PLUS(オーケストラ)
EastWest  Hollywood Strings
AUDIOBRO LA SCORING STRINGS 2.5 (ストリングス)
Native Instrument DAMAGE (パーカッション)
ほかEastWest のあらゆる生音系 
 
 こんな感じですがいかがでしたでしょうか?
クラシック以外では、BATTERY4 とOmnisphere2はいまだに鉄板です。ウワモノは特に Omnisphere2はなんでも来いという感じですね。
何しろ音色パッチ数がハンパない数ですから(笑)使い込んでいくうちに発見があるし
最近2.5にバージョンアップしたし!
まぁBATTERYはサンプラーなので、何をネタに仕込むかによりますけどね。
ネタはネットで探した無料のサンプルセットを中心に常に新しいものを探している感じです。
 
ほかにもちょろちょろいろんな音源使ってますがきりがないのでメインに使っているものをあげてみました。また面白い音源に出会ったら紹介しますね♪
 
これから新ジャンルの作曲にトライする人の参考に少しでもなったら嬉しいです。
わりとすぐに、使用するソフトシンセはコロコロ変わりますけどね。