ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

作品を発表(晒す)することは馬鹿にされるリスクを背負うこと。だけどその先には・・・

f:id:natsumegu629:20170723164725j:plain

 今朝、ツイッターをだらだら眺めていたら、心にストーンと落ちたツイートがあったので紹介したいと思います。

 

 

ヲノサトルさんの7月22日のツイートです。 

 

 

なるほどなぁ、と膝を打ちました。

薄々感じていたことを再確認したというか。

Twitterの良さってこういうふうに靄が晴れるような他人の考えに触れられることなんだな。

 

ほんとに、作品を晒すって怖いことなんですよね。

どんなに丁寧に作って自信作だったとしてもやっぱり怖い部分はあると思います。

 ある程度キャリアを積んでくればなおさらなんだけど、発表しなければそれは世の中に存在しないことと一緒ですからね。ある一定の区切りで「エイヤ!」とリリースするわけです。リリースとはよく言ったもので「放す」という意味ですもんね。

 

 僕も人の評判は気にする方だし、僕が尊敬する人や好きな人たちに「たいしたことないな・・・」と思われるのは非常に辛い。

 

でも発表しなければ認めてももらえないわけだし当然賞賛されることもない。

 

 ものを作る人は常にそういう環境に置かれているので、怖がって発表しない人は「ものを作る人」ではなくなってしまう。

 

 発表を先延ばしにすることは状況が許せば実際結構あります。「何かがまだ足りない」とか「何かしっくりこない」という場合です。

 そんな場合でも僕の考えは、ある程度期限を決めてその日が来たら「エイヤー!」とリリースする方がいいということ。

その作品があったから、次作の構想、発想が生まれてもっといいものができるということがよくあるからです。

 

 その”繰り返し”を考えていくと、なかなか作品を出さない人と、悩みつつもその作品に区切りをつけ発表し、新たに作品に取り掛かる人では10年後、どんな違いが生まれるでしょうか。僕は後者に希望の光を見出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との出会いによって景色は劇的に変わる

f:id:natsumegu629:20170721160408j:plain

今日は自分の行っているアーティスト活動について少し話します。

 

 昨日は自分のアーティスト活動でのアルバム制作での打ち合わせでレーベル側と2時間くらい話をしました。

 

 大人になってこんなにもワクワクすることが果たしてあるだろうか?と思えるほどテンションが上がりっぱなしの時間でした。

 

 今までやってきたことがカタチになり、いろんな人の協力を経てたくさんの音楽ファンの元へ届くということがなんと素晴らしいことか。またその仕組みを一緒に考えてくれる人との出会いがなんと素敵なことか。

 

 出すのはインディーズなのですが、担当の方の音楽愛が尋常じゃないので、一度気に入ってもらえると、とにかくあの手この手を使ってふさわしい展開ができるよう知恵を絞ってくれるのです。学生の頃から大好きなあのアーティストにも直に聴いてもらえそうな気配。

 ものすごく細かく丁寧な販売・プロモーションスケジュールを作ってくださっていてそれはもう感謝しかない。

 

 昨日も会議室で新たにアルバムに追加する新曲を何曲か聴いていただき、ものすごくテンションの上がる感想をいただいて、最後の詰めにも気合が入るのでした。

マスタリングも過去様々な一流アーティストを手掛けてきたエンジニアさんに依頼できることになりました。

 

で、とっちらかってしまったけど、言いたいのは人との出会いによって状況は劇的に変化するのだなぁということです。

これは、インディーズ・メジャーとか関係なく、とにかく現在の自分の方向性にふさわしいキーマンが現れることによって今までとは違った景色が広がるということ。

 

 思い返してみれば、音楽で食べていけるようになるまで、節目節目でその時に必要なキーマンに出会えているような気がします。まぁそういう人を求めてさまよっていた節はありますが・・・。運の問題もあります。

 

 これからもお仕事音楽とアーティスト活動が良い相乗効果を生み出す絶妙なバランスで続けていけたら最高だなぁと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が暇な時はフリーの作曲家は何してるの?

 

f:id:natsumegu629:20170720121627j:plain

 今日は、特に忙しくない時って何やってるの?という話です。
基本的に仕事の発注がなくても、著作権フリーライブラリ用の曲や番組用ストック音源を作っているので暇ということはないのですが、締め切りがない分ある程度自由な発想ができるし心の余裕があります。
 
 
そんな時期に、ちなみに僕がやっていることは次のことです。
 

以前、ブログでも書きましたが、音源サンプルの整理、管理、システムの構築

 どんどん新しいサンプルを仕入れるので音の確認とタグ付け、フォルダ分けなど。
 もっと効率的な管理方法がないかなど考えてみます。
 

 以前の記事

www.nutmeg.today

 

 

持っている音源プラグインのプリセット音色チェックや面白い使い方がないかの模索

 結構聞いたことのない使えそうな音色があるので得した気分になります。
 

次にやりたい仕事に向けての準備・勉強

 お世話になっている監督さんが新作に取り掛かったなどの情報をキャッチしたら、何気に資料を集めだします。
 

実験的音楽の制作

 商業音楽を完全に無視した、いわばストレスはけ口?
 

集中的に楽器の練習

普段まんまり練習できていないので。
 

機材周りの改良 ケーブルや電源など細々したもののチェック

プリアンプの設定や、配線などで音がもっと良くならないかなど・・・
 
もちろん遊んだり旅行に行ったりもしますが、あまり普段のペースを乱したくないので生活リズムは変えないようにしています。お酒は暇だろうが忙しかろうが飲みます、ハイ。
 
 
おわりに
 
 どうしてもこの手の仕事は繁忙期と暇な時があるので、暇な時の時間の使い方が長年仕事を続けられるかどうかの重要ポイントなような気がします。
 
 
 
 

コーラストラックを輝かせるプラグインいろいろ

f:id:natsumegu629:20170719200525j:plain

 
 今日は昨日に引き続き、コーラストラック作りについてです。
仕上げにどんなプラグインをかけるといい感じになるかについて書きました。
先に昨日の記事を読んでもらえたら話がスムーズだと思います。
 

どんな用途でどんなプラグインを使うか?

 
 まずコンプでまとまり感と安定感を出して、ダブリング系、コーラスエフェクト系で広げるといった具合です。
昨日説明したように僕の場合、何トラック、コーラスがあってもAUXトラックにまとめてそこにプラグインをかけていきます。

WAVES VITAMIN(マルチバンドコンプレッサー)

 まとまりが欲しいとき。欲しい帯域を無理なく持ち上げたいときにかけます。

他のマルチバンドコンプでも全然構わないと思います。

 

www.waves.com

 

WAVES Doubler 

 人数感を増やしといとき、まとまりが欲しいとき、広げたいときにかけます。
 

SCHWA CMX

 シルキーさが欲しいときにかけます。これ、結構お気に入りです。値段もお手頃50ドル。
 
 

WAVES S1 Stereo Imager

 左右に広がりが欲しいとき、他のプラグインとだいたい併用します。
 
おわりに
 
 今日取り上げたプラグインは昨日説明した下処理をすませて最後のお化粧的な感じで使います。色々かけすぎると音が痩せてしまうのでほどほどに。
でも、この最後のお化粧がコーラストラックをキラッキラにするんです。
 
 
 
 
 

バッチリでゴージャスなコーラストラックを作る3ステップ

f:id:natsumegu629:20170718191413p:plain

 今日は、バッチリタイミングが揃っているコーラストラック作りについて書きます。
 
 
例えばサビに3声のコーラスを字ハモ(歌詞をハモる)で重ねる時とかに、たくさんトラックを重ねるとタイミングがばらけて、いまいちキマらない時がありますよね。
 僕の場合は3声にするときはメインボーカルのメロディも含めてそれぞれダブルで重ねるのでメイン含めて6トラックで同じところを歌うことになります。相当上手い人でないとタイミングがきっちり合うことは難しいと思います。特に発音のお尻の切れ具合とか。
そんなとき便利なのが 「VocALign」というプラグインです。結構昔からあるソフトですがそんなにメジャーじゃない気がします。
 

「VocALign」でタイミングを揃える方法

 
 僕が使っているのはお手頃価格の「VocAlign project 3」というソフトです。上位バージョンには「Revoice Pro3」というピッチもタイミングと同時に修正できるものがあります。
 
使い方は簡単で(Protoolsで説明すると)、
 
・Audio SuiteからVocALignを立ち上げる
・タイミングを合わせる元の基本となるトラックを選択し「GUIDE」という画面に「キャプチャー」ボタンを押して読み込む。
・タイミングを合わせたいトラックを選択し「DUB」という画面に「キャプチャー」ボタンを押してに読み込む。
・「スポット」ボタンを押す。
 
文章にすると若干手間そうですが、やってみると実に簡単シンプル。
 

f:id:natsumegu629:20170718192001p:plain

*GUIDEが元トラックでDUBがタイミング修正したいトラック
 
 
これだけで楽曲のクオリティはグーンと上がりますよ。
 
英語ですが動画がありましたので参考に
 
この方法を踏まえてハイクオリティなコーラストラック作りを簡単に作る僕のやり方は?
 

コーラストラック作りの3ステップ

 
1 Melodyneによるそれぞれのトラックのピッチ補正
2 VocAlignによるタイミング合わせ
3 全て同じコーラスAUXトラックに送ってコンプ/EQ/リバーブ調整
 
これでサビを盛り立てるゴージャスでシャープなコーラストラックの出来上がりです。
今日は「2」にフォーカスして説明しました。
 
 
おわりに
 
結構何重にもコーラスを重ねると後処理が面倒で、レコーディング中から編集のことを考え鬱になることがあります(笑)
プラグインに頼れるところはどんどん頼って音楽的思考にエネルギーを費やせるようにしておきましょう。
 
 
 
 

【作曲の効率化を考える】サンプル管理ってどうしてる?

f:id:natsumegu629:20170717205835j:plain

 
 今日は、曲作りに日頃使う、膨大で様々なサンプル音源の管理ってどうしてる?っていう話です。キック、スネア、ハットなどリズムのワンショットのサンプルはもちろん、ループからFX系サンプルまで、なかなかイメージしている音までたどり着くのに時間かかりますよね。そんな時はサンプル管理の重要性が身にしみます。
 
 

Protoolsユーザーなら必須! ワークスペースの活用

 
 Protools11からワークスペースの利便性がすごいことになっています!
48項目もの種類の条件検索が可能で、どの条件を表示させるかも自由にカスタマイズできるようになっています。
 

f:id:natsumegu629:20170717200134p:plain

 
例えば、「高度な検索機能」ボタンをクリックすると複数の検索条件で探せます。
 
・タグ 「EDM」「DRUM」
・ループ
・テンポ 120
・お気に入り
 
の条件でサンプルループを検索
 
なんてことが簡単にできます。
タグ付けなどの仕込みがキモになってきますね。
普段からコツコツ、サンプル管理をしておけばスペシャルな自分だけのデータベースになること間違いなし。 
 これを使いこなせば、相当な速度でイメージに近いサンプルの検索ができるようになるでしょう。
そこまで複雑な検索はいらないやという人でも「タグ付け」「レーティング」「お気に入り」の3つだけ表示させてシンプルにするのもいいかもしれません。(これだけでも十分だけど)
 
そして、好きなワークスペースのパターン画面を5つまでプリセットに保存していつでも呼び出せます。
 痒いところに手がとどくとっても便利な機能だけど、自分のモノになるまでは実際ちょっと時間もかかりそう。
 
 
もっとシンプルに簡単に、データベースを作りたい人にはSONICWIREのMUTANTがオススメ。
 
 

フリーソフトMUTANTの活用

 
 ワークスペースほどに細かく検索条件を指定したりタグ付けしたりの管理はできないけど、見やすくてとっつきやすさがいいです。「ユーザーメモ」にタグに代わるワードを入力しておけば、検索時、探しやすいです。
 App STOREで無料ダウンロードできます。
MUTANT

MUTANT

  • Crypton Future Media, Inc. Apps
  • ミュージック
  • 無料

 

MUTANTに関してはsleepfreaksさんの動画がわかりやすいので参考に載せておきますね。
 
 
 
おわりに
 
音楽を仕事にしていると、こういったサンプルのデーターベースの管理って作業スピードに直結してくるとからホント大事です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

使えるブラス音源 3選(ポップス系)

 
 

f:id:natsumegu629:20170716160306j:plain

今日はポップスアレンジに頻繁に登場するブラスの音源について書きました。
 

CHRIS HAINS HORNS PRO

個人的には一番よく使うブラス音源。今やポップスブラスの定番と言っていいのでは。
ブラバン系、ファンク系、吹奏楽系、など用途は幅広いです。
アーティキュレーションが豊富なのと、スウェルやクレッションドの長さを曲テンポに合わせられるところがいい。
103,248円
 

MOJO HORN SECTION

 ファンクやビックバンド系にはしっくりきます。結構音は気に入っています。
なぜか、スウェルの音色で発音が上手くいかない音色があって(僕だけかな)今はあまり使っていない。でも音はCHRISHAINSより好きなんだよなぁ。
1,600種類以上ものリフや効果音サウンドなども収録。
72,000円
 
MOJO面白いビデオがあったのでそうぞ
 
 

KICKASS BRASS

 老舗のブラス音源です。
使いやすいけど、キースイッチでのアーティキレーション切り替えはできません。
お値段お手頃。厚いオケの中で使うには結構使いやすいかもしれないです。
38,664円
実際にKICKASS BRASSを使用したCMの楽曲だそうです。
 
 
おわりに
何が正解ということはありませんが、自分の音楽・キャラクターにしっくりくる、そして操作性がいいものを選ぶといいと思います。