ナツメグのサクっと作曲 ”コツを探れ”

音楽制作のTipsを中心に映画、旅の話題なども。

昨日に続き・・教えたくないほど素晴らしい音楽解説本2

f:id:natsumegu629:20170726172020j:plain

 昨日に続いて今日紹介したいのは教則本ではないのですが大変興味深い本です。
ちなみに昨日の記事はコチラ
 
 今回は、
「昭和のTVアニメ特撮主題歌大百科」(ガモウユウイチ著)です。
 
題名からはだいたい、”どんな歌手があのアニメの主題歌を歌っていたか”などのちょっとした解説付きのデータベース的なやつ?って思うかもしれません。
全然違います。
 

がっつりとした音楽解説書

 
 まえがきの後にいきなり音楽用語の解説が載っているのですが、そこには「五度圏」とかダイアトニックコードの解説が載っています。
つまり、これを理解してから本文を読んでくださいということ。
 
要するに、がっつりの楽曲分析本なんです。しかもなんとその数アニメ・特撮主題歌ばっかり164曲分(コード進行抜粋は330)。おかしいでしょ!
その変態マニアっぷりは第1章から炸裂します。
 
「5大主要作家篇」と銘打って、渡辺宙明 菊池俊輔 渡辺岳夫 宇野誠一郎 小林亜星 と作家別に楽曲を分類し解説しています。
そして、各楽曲録音の演奏者もほとんど網羅されており、どのプレイヤーがサビでどんなプレイをしているか、というようなところまで説明されていて芸が細かい。
もちろんコード譜付きです。
 
そして第2章は「準主要作家篇」と続く・・・
 
スポンサーリンク

 

 

理論解説とトリビアを織り交ぜたその内容とは

 
この本がだいたいどんな雰囲気なのか少し抜粋してみます。
 
勇者ライディーン」の項目から
 
”Aメロ4小節目から5小節目に渡ってはオン・コードからツー・ファイブにと言った、スムーズな進行が心地よい。Bメロは、「Bm7」がドミナント化した「B7」から始まる。「C#m7(b5)」は、サブドミナント・コードのルートを半音上げた変化和音”
 
普通のアニメファンが間違ってこの本を買ったら「なんのこっちゃ!」という感じでクレームの一つも言いたくなるでしょう。
 
 
さらに楽曲に関してはマニアックトリビアも忘れていない。
同じ項目からの抜粋。
 
”なお、イエロー・マジック・オーケストラYMO)の代表作「ライディーン」(80年)は、当初は東海道五十三次のイメージから「雷電」と題されていたが、高橋幸宏(Vo,Dr)曰く「細野(晴臣)さんが『アメリカで今(勇者)ライディーン」っていうアニメが大ヒットしている』って言うんで『じゃあ「ライディーン」にしちゃおうって』”
 
おぉ、そうだったんだぁ!
 
 
この調子で164ですよ!!
 
 
つまらないはずがありませんよね。
 
 
おわりに
アニメ音楽に興味のない方でも、その作家陣・演奏者の仕事っぷりが垣間見れる良書です。ぜひチェックしてみてください。
 
 
 
 

教えたくないほど素晴らしいとっておきの教則本

f:id:natsumegu629:20170725200530j:plain

 今日はひとつ、とっておきの教則本を紹介したいと思います(別にアフェリエイトとかそんなんじゃありません)
以前「ガチで音楽制作に役に立った8冊」と言う記事を書いたのですが、あえてそこには入れていないほど知る人ぞ知る教則本といったところでしょうか。
 
 僕の大好きな作曲家の一人、周防義和さんの「僕らはロックで作曲する」です。正確にはPCで読むCDブックなのですが、音源とリンクされていてとても利用しやすいです。
周防義和さんは主に映画音楽を中心に活躍されている作曲家で「Shall we dance?」や「舞妓はレディ」などで有名な方です。僕は何度か直接講義を聞きに行ったことがあります。もちろんかなり影響を受けております、ハイ。
 とにかく僕が言うのはおこがましいですがハイセンスの塊。この域に到達したいといつも思っております。
 

f:id:natsumegu629:20170725195839j:plain

 
 
まず第一に
 

サンプル音源の曲が素晴らしい

 だいたい周防氏の曲や演奏曲を例に挙げて解説されているんだけど、曲や演奏が素晴らしいので俄然、意欲が湧くのです。
打ち込みだけのサンプルに終わらない豪華な音源達。57曲も例題曲が用意されています。本題名にロックと入ってますが、実際はゴリゴリのロックだけではなく実に幅広い音楽が対象になっていて歌物はもちろん、映像音楽にハマる作風のものも、結構アヴァンギャルドなものまであります。
 
 スポンサーリンク

 

 

アカデミックにロックを解説

 ちゃんとした理論でロックをわからせてくれる。これだけ丁寧にロックを解説した本があっただろうかというほど。ポリスやローリングストーンズなどの数々の名曲を分析してくれます。
 
通り一辺倒な何百の本に載っているような理論をなぞる教則本ではなく、なぜこの曲のメロディはこんな雰囲気なのか、を作者視点で楽譜と音源を交え丁寧に教えてくれる。
 
 
なんども言うけど付属音源が本当に素晴らしく、音源だけでも十分楽しめますよ。
 
「僕らはロックで作曲する」でググっていただければネットで購入できるサイトがいくつかあります。
 初心者向けとは言いにくいかもしれないけど、一通り作曲らしきものができて次のステップに入ろうとしている方には神書だと思います。
 
おわりに
この教材って、人を選ぶというか、全ての人にしっくりくるかわからないけどとにかくクリエイティブとはなんぞや?というところまで問う良書だと思います。
 
 
 

 

 

 

 
 
 

いろいろなギターアンプシミュレーターまとめ

f:id:natsumegu629:20170724194736j:plain

 
  今日は昨今のポップスはじめ、ロックJPOPに欠かせないギターサウンドを形作るアンプシミュレーターについてまとめました。
ギターが弾けない人でも、打ち込んだギタートラックにかけるだけでもその効果は十分得られます。いや、打ち込みには絶対かけた方がいいでしょう。
 

プラグイン

 
WAVES GTR
普段僕が一番よく使っております。ギターのプリセットもいいですがベースのプリセットが個人的に気にってます。

 

www.minet.jp

 

Avid Eleven MkⅡ

 WAVES GTRを使う前にこれを使ってました。音がリアルで感動した覚えがあります。

タイプはGTRと似ている気がします。

www.avid.com

Avid SansAmp  Spa-1

ギターアンプシミュレーターの老舗といったらSansAmp。

www.avid.com

 

Nativeinstrument Guitar Rig PRO

これもたまに使います。プリセットが優秀で下手に弄るよりそのまま使った方がプロっぽくなりオケに馴染みます。

  • 17のアンプ、27キャビネット、54のエフェクト

Komplete : ギター : Guitar Rig 5 Pro | 製品

 

IK Multimedia  AmpliTube4

これは正直使ったことがないのですが有名どころです。無料デモ版があります。

  • 9のアンプ、10キャビネット10のストンプ、29のスピーカーモデル、4つのマイク、2つのラックエフェクトユニット

www.ikmultimedia.com

BIAS Amp Desktop

 最近、評判のプラグインですね。まだ試していないのですが非常に興味あります。

ネットで様々なアンプモデルがダウンロードできます。

www.minet.jp

ハード編(本格派)

Fractal Audio Axe-FX Ⅱ

なかなかのお値段ですが音はすごくいいです。

特にクリーントーン。ネットでいろんなシミュレーションのプリセットがダウンロードできます。

www.okada-web.com

 

 

KEMPER

ドイツのメーカー。本物のアンプの音を取り込んでデータ解析してシミュレーションすることができます。やっぱりなかなかのお値段です。

www.korg-kid.com

LINE6 POD HD

 これもかなり老舗ですね。

line6.jp

 

ハード編(お手軽派)

BEHRINGER V−AMP3

価格がお手頃なので、ハードでまず試してみたいという方にオススメです。

 

www.minet.jp

 

 

おわりに
 
たくさん紹介しましたがこればっかりは好みとか自分お好きな操作性とかがあるので試してみるしかありません。サイトに音のサンプルがあったらチェックしてみて、試用版があったらぜひダウンロードしてみてください。
 
 
 
 

作品を発表(晒す)することは馬鹿にされるリスクを背負うこと。だけどその先には・・・

f:id:natsumegu629:20170723164725j:plain

 今朝、ツイッターをだらだら眺めていたら、心にストーンと落ちたツイートがあったので紹介したいと思います。

 

 

ヲノサトルさんの7月22日のツイートです。 

 

 

なるほどなぁ、と膝を打ちました。

薄々感じていたことを再確認したというか。

Twitterの良さってこういうふうに靄が晴れるような他人の考えに触れられることなんだな。

 

ほんとに、作品を晒すって怖いことなんですよね。

どんなに丁寧に作って自信作だったとしてもやっぱり怖い部分はあると思います。

 ある程度キャリアを積んでくればなおさらなんだけど、発表しなければそれは世の中に存在しないことと一緒ですからね。ある一定の区切りで「エイヤ!」とリリースするわけです。リリースとはよく言ったもので「放す」という意味ですもんね。

 

 僕も人の評判は気にする方だし、僕が尊敬する人や好きな人たちに「たいしたことないな・・・」と思われるのは非常に辛い。

 

でも発表しなければ認めてももらえないわけだし当然賞賛されることもない。

 

 ものを作る人は常にそういう環境に置かれているので、怖がって発表しない人は「ものを作る人」ではなくなってしまう。

 

 発表を先延ばしにすることは状況が許せば実際結構あります。「何かがまだ足りない」とか「何かしっくりこない」という場合です。

 そんな場合でも僕の考えは、ある程度期限を決めてその日が来たら「エイヤー!」とリリースする方がいいということ。

その作品があったから、次作の構想、発想が生まれてもっといいものができるということがよくあるからです。

 

 その”繰り返し”を考えていくと、なかなか作品を出さない人と、悩みつつもその作品に区切りをつけ発表し、新たに作品に取り掛かる人では10年後、どんな違いが生まれるでしょうか。僕は後者に希望の光を見出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との出会いによって景色は劇的に変わる

f:id:natsumegu629:20170721160408j:plain

今日は自分の行っているアーティスト活動について少し話します。

 

 昨日は自分のアーティスト活動でのアルバム制作での打ち合わせでレーベル側と2時間くらい話をしました。

 

 大人になってこんなにもワクワクすることが果たしてあるだろうか?と思えるほどテンションが上がりっぱなしの時間でした。

 

 今までやってきたことがカタチになり、いろんな人の協力を経てたくさんの音楽ファンの元へ届くということがなんと素晴らしいことか。またその仕組みを一緒に考えてくれる人との出会いがなんと素敵なことか。

 

 出すのはインディーズなのですが、担当の方の音楽愛が尋常じゃないので、一度気に入ってもらえると、とにかくあの手この手を使ってふさわしい展開ができるよう知恵を絞ってくれるのです。学生の頃から大好きなあのアーティストにも直に聴いてもらえそうな気配。

 ものすごく細かく丁寧な販売・プロモーションスケジュールを作ってくださっていてそれはもう感謝しかない。

 

 昨日も会議室で新たにアルバムに追加する新曲を何曲か聴いていただき、ものすごくテンションの上がる感想をいただいて、最後の詰めにも気合が入るのでした。

マスタリングも過去様々な一流アーティストを手掛けてきたエンジニアさんに依頼できることになりました。

 

で、とっちらかってしまったけど、言いたいのは人との出会いによって状況は劇的に変化するのだなぁということです。

これは、インディーズ・メジャーとか関係なく、とにかく現在の自分の方向性にふさわしいキーマンが現れることによって今までとは違った景色が広がるということ。

 

 思い返してみれば、音楽で食べていけるようになるまで、節目節目でその時に必要なキーマンに出会えているような気がします。まぁそういう人を求めてさまよっていた節はありますが・・・。運の問題もあります。

 

 これからもお仕事音楽とアーティスト活動が良い相乗効果を生み出す絶妙なバランスで続けていけたら最高だなぁと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が暇な時はフリーの作曲家は何してるの?

 

f:id:natsumegu629:20170720121627j:plain

 今日は、特に忙しくない時って何やってるの?という話です。
基本的に仕事の発注がなくても、著作権フリーライブラリ用の曲や番組用ストック音源を作っているので暇ということはないのですが、締め切りがない分ある程度自由な発想ができるし心の余裕があります。
 
 
そんな時期に、ちなみに僕がやっていることは次のことです。
 

以前、ブログでも書きましたが、音源サンプルの整理、管理、システムの構築

 どんどん新しいサンプルを仕入れるので音の確認とタグ付け、フォルダ分けなど。
 もっと効率的な管理方法がないかなど考えてみます。
 

 以前の記事

www.nutmeg.today

 

 

持っている音源プラグインのプリセット音色チェックや面白い使い方がないかの模索

 結構聞いたことのない使えそうな音色があるので得した気分になります。
 

次にやりたい仕事に向けての準備・勉強

 お世話になっている監督さんが新作に取り掛かったなどの情報をキャッチしたら、何気に資料を集めだします。
 

実験的音楽の制作

 商業音楽を完全に無視した、いわばストレスはけ口?
 

集中的に楽器の練習

普段まんまり練習できていないので。
 

機材周りの改良 ケーブルや電源など細々したもののチェック

プリアンプの設定や、配線などで音がもっと良くならないかなど・・・
 
もちろん遊んだり旅行に行ったりもしますが、あまり普段のペースを乱したくないので生活リズムは変えないようにしています。お酒は暇だろうが忙しかろうが飲みます、ハイ。
 
 
おわりに
 
 どうしてもこの手の仕事は繁忙期と暇な時があるので、暇な時の時間の使い方が長年仕事を続けられるかどうかの重要ポイントなような気がします。
 
 
 
 

コーラストラックを輝かせるプラグインいろいろ

f:id:natsumegu629:20170719200525j:plain

 
 今日は昨日に引き続き、コーラストラック作りについてです。
仕上げにどんなプラグインをかけるといい感じになるかについて書きました。
先に昨日の記事を読んでもらえたら話がスムーズだと思います。
 

どんな用途でどんなプラグインを使うか?

 
 まずコンプでまとまり感と安定感を出して、ダブリング系、コーラスエフェクト系で広げるといった具合です。
昨日説明したように僕の場合、何トラック、コーラスがあってもAUXトラックにまとめてそこにプラグインをかけていきます。

WAVES VITAMIN(マルチバンドコンプレッサー)

 まとまりが欲しいとき。欲しい帯域を無理なく持ち上げたいときにかけます。

他のマルチバンドコンプでも全然構わないと思います。

 

www.waves.com

 

WAVES Doubler 

 人数感を増やしといとき、まとまりが欲しいとき、広げたいときにかけます。
 

SCHWA CMX

 シルキーさが欲しいときにかけます。これ、結構お気に入りです。値段もお手頃50ドル。
 
 

WAVES S1 Stereo Imager

 左右に広がりが欲しいとき、他のプラグインとだいたい併用します。
 
おわりに
 
 今日取り上げたプラグインは昨日説明した下処理をすませて最後のお化粧的な感じで使います。色々かけすぎると音が痩せてしまうのでほどほどに。
でも、この最後のお化粧がコーラストラックをキラッキラにするんです。